平野ノラ&荻野目洋子、ついに初対面!一夜限りのSPコラボ実現

写真拡大

平野ノラと荻野目洋子が、12月21日(木)20時より3時間にわたって放送される『ネプ&ローラの爆笑まとめ!2017』(TBS系)にて初対面を果たし、一夜限りのスペシャルコラボレーションを行うことがわかった。

バブルネタでブレイクし、全世代から支持を受ける平野。彼女のネタでよく使われているのが、80年代に大ヒットした荻野目の曲「ダンシング・ヒーロー」だ。そんな二人が、今回番組でついに初対面。

荻野目からこの曲を使用した理由を聞かれた平野は「ダントツでイントロから“ハッ”と気持ちを鷲づかみにして、誰が聞いてもノリノリで元気になれる曲。バブルのバトンを頂いた」とコメント。さらに平野は、登場の出囃子に同じく荻野目の「六本木純情派」を使用しており、「“両刀使い”させていただいている」と強調した。一方、荻野目は「ノラさんがいなければ若い世代は私のことを知らなかった。この曲にも感謝しているし、曲を楽しんでくれた方々にも感謝している」と感謝を述べた。

さらに今年は、平野のネタを盛り込んだ、大阪府立登美丘高等学校ダンス部が踊った「ダンシング・ヒーロー」の動画がネット上で話題となり、改めてこの曲が注目された。そこで平野は「ダンシング・ヒーローを楽しんでくれた一般の方々と一緒に踊るっていうのはどうですか?」と荻野目に提案、今回のコラボレーションが実現することとなった。果たして、平野と荻野目はどんなパフォーマンスを披露するのか?

さらに、結成30年を迎えたレジェンド芸人・ピンクの電話も、24年ぶりにTBSでネタを披露。「24年ぶりの出演にびっくりしました。前にやったネタでしたが、久しぶりだったのでちょっと違和感あるかなと思いましたが、やってみるとそんなことなくてすごく楽しかったです」とコメント。月日が流れても、息ぴったりのコントを見せてくれるという。