バラバラになった初代ロードスターも展示!

 マツダは、2018年1月12日(金)〜14日(日)に千葉県・幕張メッセで開催されるカスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2018」にて、新型「マツダ CX-8」や「マツダ ロードスター特別仕様車 RED TOP」のカスタマイズカーを出品する。

 今回マツダは、走る歓びを感じるカーライフの提供を目指す「Be a driver. Experience〜マツダの新しいチャレンジが始まる〜」を出展テーマに掲げている。展示されるのは、いま注目の3列シートクロスオーバーSUV・CX-8のほか、ロードスター特別仕様車RED TOP/CX-5/CX-3/ロードスターRF。CUSTOM STYLE 2018と名付けられた、スペシャルなカスタマイズモデルに仕立てられている。さらに、ロードスターNR-Aなど、魅力あふれるクルマがズラリと並ぶ。

 また2017年8月4日に概要が発表され、先日WEB受付がスタートした初代ロードスター(NA型)のレストアサービスについて、詳細を担当者から聞けるコーナーも設置される。さらに、レストア作業のためにバラバラになったホワイトボディ(車体骨格状態)が展示され、普段見られない作業工程を見ることができる。エアロパーツやローダウンなど、自分の目指す憧れのカスタマイズ仕様に出会えるかも!? レストア車両などレアな展示物も含め、マツダブースから目が離せない。