14日、中国訪問中の文在寅・大統領は韓国メディアの記者が中国の警備員に暴行された問題に対し、「深刻な事件」と憂慮の意を示した。写真は文在寅大統領。

写真拡大

2017年12月14日、米華字メディア・多維新聞によると、中国訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領は、同行取材の韓国メディアの記者が中国の警備員に暴行された問題に対し、「深刻な事件」と憂慮の意を示した。

この問題はこの日午前に北京で行われた中韓の経済貿易協力に関する会合の場で起きた。演説を終えた文大統領と共にその場を離れようとした記者を中国の警備員が制止し、衝突が起きたという。負傷した記者2人は搬送先の病院で治療を受けており、韓国・中央日報からは「1人の記者が床に倒れた時、中国の警備員15人から殴る蹴るの暴行を受けた」という情報も出ている。

記事は、事件発生後に韓国大統領府関係者が北京で緊急会合を開き、中国に厳しく抗議することを決めたと説明。韓国外交部の報道官は、同日の定例記者会見で遺憾の意を表明した上で、中国側に事件の真相究明と相応の措置を取るよう求めた。中国側も事件の重大性を認識しているという。(翻訳・編集/野谷)