13日、韓国の文在寅大統領が4日間の日程で初の中国訪問をスタートさせた。

写真拡大

2017年12月13日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が4日間の日程で初の中国訪問をスタートさせた。15〜16日に訪れる内陸部の重慶は大韓民国臨時政府の活動拠点となった街だ。

【その他の写真】

大韓民国臨時政府は日韓併合に反対する独立運動家が1919年に上海に設立したもので、1940年にその活動拠点を重慶に移した。現在、復元された庁舎は「重慶大韓民国臨時政府旧址陳列館」として対外開放されており、独立運動の歴史を人々に紹介する場となっている。

大韓民国臨時政府を記念する建物は上海にもあり、中韓が蜜月関係にあった15年9月に訪中した朴槿恵(パク・クネ)前大統領はこの記念館の再開館式に出席している。(編集/野谷)