森川葵、ドラマ『賭ケグルイ』出演へ 「人間ができる限りの変顔をやるので、とても心配」

写真拡大

 森川葵が、MBS/TBSドラマイズム枠で2018年1月より放送されるドラマ『賭ケグルイ』に、早乙女芽亜里役として出演することが決定した。

参考:高杉真宙、浜辺美波主演『賭ケグルイ』に出演 「初日からポチと呼ばれてボコボコにされた」

 本作は、『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス刊)にて連載中の原作・河本ほむら、作画・尚村透による同名コミックを、『ヒロイン失格』『あさひなぐ』の英勉監督が実写化した学園ドラマ。“ギャンブルの強さ”で生徒の階級を決める私立百花王学園を舞台に、お淑やかな美少女だが、いかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂の転校生・蛇喰夢子に、学園を支配する生徒会が百戦練磨の刺客たちを送りこみ、心理バトルを繰り広げる模様を描く。

 ギャンブル狂の主人公・蛇喰夢子役で浜辺美波、百花王学園において、最下層とされる家畜“ポチ”に身を落とすも、転校してきた夢子に救われる鈴井涼太役で高杉真宙が出演。

 森川が演じる芽亜里は、夢子のライバルにして、後に共闘することになる高飛車なツインテール美少女。ギャンブルの強さで階級が決まる私立百花王学園にて、2年華組のトップに君臨する凄腕ギャンブラーだ。可憐な容姿とは裏腹にプライドが高く、クラスメイトの鈴井を敗北させて、家畜“ポチ”の身分にまで叩き落とした。また、転校生の夢子に最初にギャンブル対決を仕かける重要人物でもある。夢子とともに人気の高いキャラクターで、彼女を主人公にしたスピンオフコミックス『賭ケグルイ双』も発売されている。

 芽亜里役に決定した森川は「『賭ケグルイ』はアニメを見ていたので、実写でやるとどうなるんだろうと思いました。芽亜里も表情が豊かを通り越した、人間ができる限りの変顔をやるので、『私どこまでできるかな……』ととても心配でした」と不安をのぞかせていた。しかし、初日の撮影を終えて「今までお芝居をやってきた中で、一日でこんなに声を出して体力を使い切ったのは初めてです。初日からこんなに全力でやっちゃってこの先どうなるのかすごく心配です(笑)」と話し、全身全霊で挑んでいるようだ。

 英監督はそんな森川について「“出来る子”だと聞いていましたが、“想像以上に出来る子”だったので驚いています」と絶賛。森川もまた「すごく笑ってくださるので監督をもっと笑わせたいです!」と応え、「熱くてスカッとするドラマだと思うので楽しみにしてください!」とコメントを寄せた。

■森川葵(早乙女芽亜里役)コメント

早乙女芽亜里役・森川葵(撮影・稲垣雄治)『賭ケグルイ』はアニメを見ていたので、実写でやるとどうなるんだろうと思いました。芽亜里も表情が豊かを通り越した、人間ができる限りの変顔をやるので、「私どこまでできるかな……」ととても心配でした。今までお芝居をやってきた中で、一日でこんなに声を出して体力を使い切ったのは初めてです。初日からこんなに全力でやっちゃってこの先どうなるのかすごく心配です(笑)。芽亜里はプライドが高いけど、普通の女の子の部分もあるキャラクターではないかなと思います。英監督とは初めてのお仕事なのですがすごく笑ってくださるので監督をもっと笑わせたいです! 熱くてスカッとするドラマだと思うので楽しみにしてください!

■英勉(監督)コメント

森川さんは、“出来る子”だと聞いていましたが、“想像以上に出来る子”だったので驚いています。まだまだ持っていそうなので、面白いです。

(リアルサウンド編集部)