貫地谷しほりと岸谷五朗「バランスが悪いところがいい」刑事ドラマで相棒に

写真拡大

貫地谷しほり、岸谷五朗の実力派2人の初共演となるドラマスペシャル『黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子』が12月16日(土)22時よりテレビ朝日系にて放送。本作は、元大阪府警暴力犯担当刑事という経歴を持つ二上剛氏による警察小説「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」を映像化したもので、殺人事件の捜査から複雑な人間関係、そして警察の暗部をえぐり出す斬新かつ重厚なドラマとして描かれる。

主人公は、図らずも所轄署刑事課強行犯係に配属された女性刑事・神木恭子(貫地谷)。少々粗っぽいがやり手のベテラン刑事・折原圭作(岸谷)に次第に認められ、コンビを組んで殺人事件を担当。複雑な謎を解き明かすうちに、警察官だった父親の死の真相を知ることになり、やがては警察組織の闇までをも浮かび上がらせていく……。

撮影を終えた、貫地谷さんと岸谷さんの2人にインタビュー。ご自身の役どころや、作品の魅力などについて、たっぷり語っていただきました。

――まず、脚本を読んでの感想はいかがでしたか?

貫地谷:単純に“凄く面白い”と思いました。最近のドラマで、警察組織内のドロドロを描いた作品はあまり見たことがなかったのと、普通の刑事ドラマではないストーリーは初体験の面白さでした。

岸谷:僕もその通りだと思います。原作者の二上さんは元刑事で、すごく説得力がありました。想像だけで作った物語ではなく、何かが土台になっているはずなので、そこにリアリズムを感じます。驚くような展開が沢山ありますが、「こんなこと、ないだろう? ありえない」って気持にならないんです(笑)。そこがすごく魅力的な本です。

――主人公・神木恭子と、先輩刑事・折原圭作、ご自身の役について

貫地谷:お話をいただいて脚本を読んだ後、私にとってこういう役は初めてだったので、「今、この面白いと思った感覚を、私で実現できるのかな?」と思いました。

岸谷:僕が演じた折原圭作は、強行犯係の現場リーダーで、少し気性が荒い男。新人刑事の神木とのバランスだと思うのですが、署内で一番荒れている刑事というイメージが監督の中にあったと思うんです。だから、衣装もスーツではなく、革ジャンだったり、ライダースジャケットだったりするのかな?

貫地谷:そんな折原さんのことを、恭子はボソッと「ゴリラ」と言ったり……(笑)

岸谷:言ってたね(笑)。恭子は、顔は平然としているけど、心では「このゴリラ」と思っているなど、最初は“心の声”としてボソっとつぶやいていることと“行動”が一致していないところがあります。それが、後半になるにつれ段々一致していき、最後には“(言葉と行動が)ひとつ”になって終わっていく感じがして。その変化をみても、この物語は彼女の成長のドラマでもあるな、と思いました。

――恭子の変化にも注目ですね

岸谷:可愛い部分と鋭い部分が重なって見えるところが凄いです。後半になるにつれ、すごく引き締まった顔になっていき「この女、怖いぞ……」って思わせられます(笑)。最後に恭子が言う決めゼリフもいいですよね。

――恭子の細やかな変化を演じるのは大変だったのでは?

貫地谷:ストーリーに沿って順番に撮影が行われるわけではないので、本当に大変でした。台本上でも恭子の変化は少しずつなので、加減しながら演じるのですが、何かが引き金となってパーンとかわるという成長ではなく、何かを知ったり経験したりする度に少しずつ成長する彼女の“変化”を追うのは難しかったです。そして、ワンカットで撮影するシーンが多かったのですが、岸谷さんがお芝居を引っ張って下さって、とても助けられました。私たち、いいコンビになれましたか?