摘発した「SIXPAD(シックスパッド)」の模倣品

写真拡大

 知的財産は企業にとって競争力の源泉だ。それは裏を返せば、常に狙われるリスクをはらむということでもある。中国を始めとした新興国市場の台頭に、インターネットの普及が加わり、模倣品や海賊版が世界中にあふれかえる。OECD(経済協力開発機構)によると、2013年時点で世界の模倣品、海賊版の流通総額は約4600億ドル(約50兆円)で、世界貿易額の約2.5%にも達する。知財をいかに守っていくかも、知財経営を進める上では避けられない課題だ。

絶対に許さない
 「模倣品を絶対に許さない」「徹底的に戦い続ける」。ブランド開発カンパニーを掲げるMTG(名古屋市中村区)の模倣品に対する基本方針はこの二つ。プロサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド氏と共同開発したトレーニング・ギア「SIXPAD(シックスパッド)」のほか、美容ローラーに代表されるビューティーブランド「ReFa(リファ)」などでニセモノが後を絶たない。

 MTGが自社の公式ウェブサイトに開設した「模倣品対策ページ」では、逮捕・摘発・訴訟・税関差し止めの事例を生々しい写真などとともに紹介し、注意を喚起している。長谷川徳男執行役員 知的財産・法務本部長は「お客様が模倣品と知らずに使って被害を受けることを防ぎたいことは勿論、本物であると勘違いされブランドにキズがつくことも危惧している」と悩みを打ち明ける。

現地の調査会社と連携
 模倣品には商品だけでなくパッケージやロゴまでもまねるものや、デザインだけをまねるものなど複数の傾向がある。MTGでは模倣品の製造拠点がある中国で現地の調査会社と連携し、当局に要請して模倣業者の摘発などを進めている。例えば、2016年9月は、「SIXPAD(シックスパッド)」の模倣業者を摘発し、36個の模倣品を押収した。2016年11月には、中国のウェブサイトで販売されていた「ReFa(リファ)」―美容ローラーの模倣品の製造拠点を突止め、刑事摘発に成功した。犯人は逮捕され、完成品1200台を含む5500点以上の部品等を押収した。また、2017年4月に中国で刑事摘発に成功した姿勢サポートブランド「Style(スタイル)」の模倣業者からは製品36個、部品や取扱説明書などは実に約5万3000点を押収した。

 「2010年から対策を始めた税関差し止めでは、2016年度に意匠権の行使による日本での税関差し止めの78%をMTGの商品の模倣品が占めた。ただ、小口で入ってくるものもあるのですべてを止めるのは難しいのでは」(長谷川執行役員)という。税関職員を対象に模倣品の見分け方を説明する「税関研修」を毎年実施しており、2017年も9月から11月に全国7税関で開催した。

年間9198サイトを削除
 インターネットで電子商取引が活発になる中では、模倣品を販売するウェブサイトを見つけて削除する「ウェブ対策」も極めて重要となる。MTGは協力会社の力も借り、日本や中国のウェブサイトをパトロールして2017年9月期には、年間9198サイトを削除した。容疑者を特定できない場合が多いが、地道な作業を続ける。

 多様なブランドを展開するMTGの・特許・意匠・商標の出願件数は2017年11月時点でグローバルで約2200件にのぼる。模倣品と徹底抗戦できるのは、松下剛社長が「模倣品は絶対に許さない」という強い意志を持っていることが、知財部門が迷いなく取り込め、スピード感のある対応につながっている。知的財産・法務本部知的財産部の15人を中心に戦いを続ける。知的財産部ブランド保護課の林政克課長は「経験することで分かることがある」と、会社として模倣品対策の成長を実感する。