その予定、本当に必要ですか?予定詰め込み症候群から本当の自分へ。

写真拡大 (全5枚)

何かと忙しい今の時代。時間に追われる生活は、自分の気持ちをなくしてしまいます。気が重くなるだけのスケジュール帳は必要ない!これから何しようかなと考えることでワクワクする、子どもの頃のようなそんな気持ちで動いてみませんか?

 予定いっぱい

スケジュール帳がびっしり埋まってないと不安。
暇な時間が苦手。
空いてる時間にどんどん予定を入れてしまう。

あ、私だ!と思った人いませんか?
もしかしたら「予定詰め込み症候群」かもしれません。

たくさんの人と会い、自分の世界を広げたいと思っていませんか?
何もしていないと、世の中から置いてけぼりにされる、そう思っていませんか?

 本当に必要な予定?

どんどん予定を入れてもストレスにはならないし、何も辛くないという場合は問題ありません。
ただ、スケジュール帳の空白がイヤだ、不安という理由で、予定を入れている場合は、体だけでなく心も徐々にすり減っていってしまいます。

たくさん予定があって、忙しく動いていることで不安を解消しようとしているのかもしれません。
たくさん予定がある=前向きに頑張っている、忙しい、毎日充実。
そんな価値観にとらわれてしまっているのかもしれません。

一度、スケジュール帳を見て「この予定は本当に必要なの?」と自分に問いかけてみてください。

 余裕がない

予定を詰め込みすぎると、常に焦った状態になり余裕がなくなってしまいます。
そんなに急ぐ必要がない時でも、何かに追われ、なんでも急いでしまう。
自分にとってオーバーワークの状態がずっと続いている状態です。

そうなると、周りの人に対しても同じ動きを要求してしまうようになります。
自分はこんなに頑張っているのに、こんなに忙しいのに。
何もしていない人や、ゆっくりの人にイライラしてしまうようになってしまいます。

その結果、自分も周りもしんどくなってしまいます。

 どんな自分も受け入れる

人には当然、頑張れる時もあれば、何もしたくない時、休みたい時もあります。

頑張っても頑張っても何か埋まらない心や、違和感を感じていませんか?
それは、自分を認められてない状態だからです。
自分を認められてないので、もちろん、他の人のことも認めることができません。

自分を必要以上に大きく見せる必要もないし、過少評価をする必要もないんです。

強い自分も弱い自分もすべて自分なのです。

 休日は予定なし

まず思い切って、休日は予定をなし!にしてみませんか?

スケジュール帳に「予定なし」と書き込んでみてください。

心も体もゆっくりした、その時にやりたい!と思ったことが本当の自分の気持ちなんだと思います。

真っ白なスケジュール帳もなかなか良いものですよ!
その日その日の気持ちでやりたいことや、行きたい場所、会いたい人が違って当然。
朝起きて、今日は何しようかな♪なんて考えるのもまた楽しみの一つ。

予定なしの日、空いた時間が本当の自分を知る良い機会。

自分の時間を大切にしてくださいね!

 

 

関連記事

「ポジティブ心理学」に学ぶ幸福な人生の歩み方とは。

都内で森林浴。ひとりでも散歩を楽しめる公園スポット5選