日本代表がW杯を戦うために!来年3月に「やっておくべき」理想の対戦国はここだ

写真拡大

6大会連続となるワールドカップ出場を決めた日本代表。

本大会ではコロンビア、セネガル、ポーランドと対戦する日本。

ここでは、来年3月に行われる代表戦2試合において、『本番対策』として対戦しておきたい理想の相手国を編集部員たちが考えてみた。

編集部O案:ドイツとアルゼンチン

夢は大きく!前回ブラジルワールドカップの決勝を戦った2チームを選んでみた。

根拠の一つは、両チームとも日本と同じadidasと契約していることだ。

おそらく来年3月のマッチデーまでに各国の新しいアウェイユニフォームが発表されるはずで、ホームが暗い色(青)の日本の場合、アウェイは明るい色になると思われる。逆にドイツとアルゼンチンはホームが明るい色(白系)であり、となるとアウェイは暗い色…。

つまり、お互いがアウェイユニフォームを着て試合をすることができるのだ。これはプロモーション的な意味でアリである。しかもドイツは韓国と同じ組で、その対策での日本戦は説得力がある。

実はドイツの組にはスウェーデンも入っており、サプライヤーはやはりadidas。彼らもまったく同じ理由から日本と対戦する可能性があるとみる。

日本から見れば、ドイツやスウェーデンはポーランド対策、アルゼンチンはコロンビア対策にピッタリ。少なくともこの3チームのうちの一つとは対戦すると予想するが、果たして。

編集部K案:チリとメキシコ

やはりやっておきたいのはチリ代表だろう。本番前ではないからこそ、新たに代表の座を狙う選手が本気でやってくるはず。コロンビアとはスタイルは違うが、個々の選手の性質はそこそこ似ている。良い準備になるだろう。

お次はメキシコ。韓国と対戦するメキシコなら、日本代表とやるのは準備になると思ってくれるのでは?実際はスタイルが違うとはいえ。なおこれはコロンビア対策である。

セネガルについては波が大きすぎるので置いておこう。1勝1分けで行ければ、ポーランド戦ではもう運を天に任せよう。初戦に全てをかけていこう。

【次ページ】勝点をもぎとるための…

編集部T案:アルゼンチン、ウルグアイ、もしくは欧州の強豪国

「実現可能なマッチメイクかどうか」はさておいての話になるが、強豪国、とりわけ南米の列強との対戦は行っておきたい。

というのは、グループリーグ初戦の相手がコロンビアであるからだ。仮に一戦目を落としても、第二戦以降の結果次第でグループリーグ突破の可能性があるとは言え、最初の試合で打ちのめされた場合に日本がそこから巻き返す姿は想像できない。

となれば、初戦での「勝点奪取」は必須であり、そのために良いイメージで挑めるよう、事前に予行演習はしておくべきではないだろうか。

特にコロンビアと同じ南米でなおかつ最前線に強烈なアタッカーを擁するアルゼンチンやウルグアイ。または欧州の実力国を相手に「勝利を目指す」のではなく「勝点をもぎとる」ためのサッカーを挑んで欲しいものだ。

そのようなサッカーは今の日本は苦手としているが、本大会でそれを求められるケースが訪れる可能性は決して低くない。

編集部S案:ウルグアイとメキシコ

とにかく重要になる初戦のコロンビア戦。タイプ的、実力的に似ているのはやはりウルグアイか。

3月の対戦チームは、必ずしも本戦で当たるチームの「仮想」である必要はない。日本にとっては絶好の強化相手であり、韓国と同組のメキシコにとっても意味はあるはず。

【次ページ】“大陸”対策

編集部H案:ペルーとフランス

ただ似ているチームと組めばいいというものではないが、この両国は仮想コロンビア、セネガルに最適の相手かもしれない。

南米と一口にいっても、アルゼンチン、ウルグアイのように敵をガツガツ削りに行く国もあれば、ブラジル、コロンビアのように足元のゆったりとしたパス交換を好む国もある。

後者に属するペルーはその戦い方だけではなく、アルゼンチン出身の指揮官(コロンビアはペケルマン監督、ペルーはガレカ監督)が規律と勝者のメンタリティを植え付け、本大会に導いたという経緯においてもよく似ている。

第2戦で対峙するセネガルといえば2002年日韓大会での躍進が懐かしいが、あの時も旧宗主国フランスでプレーしている選手が大半だった。上位互換である“レ・ブルー”(フランス代表の愛称)とやれれば文句なしだ。

編集部I案:ドイツとウルグアイ

日本以外のグループで、同じような“大陸”対策を考えているチームを考えてみた。韓国が入ったグループFの面子はドイツ、メキシコ、スウェーデン。彼らとしてもアジアの代表国と戦っておきたいという思惑があるはず。

ドイツもスウェーデンもポーランドとは“キャラ”が違う。ただ、レヴァンドフスキが普段相手にしているドイツのDFたちとやっておくのはいいかもしれない。前回王者は圧倒的に強いが…。

同じ理由で、コロンビアとは異なるものの南米のいやらしさを持ったウルグアイと対戦できれば。