<インドネシアンマスターズ 初日◇14日◇ロイヤルジャカルタGC>
14日(木)より4日間の日程で開幕したアジアンツアー最終戦「インドネシアンマスターズ」の第1ラウンド。全選手がこの日の競技を終え、世界ランク6位のジャスティン・ローズ(イングランド)が10バーディ・ノーボギーの“62”をマークし、10アンダー単独首位発進を決めた。
【関連】宮里優作が歓喜のカチャーシー
2打差2位にガン・チャーレンクル(タイ)、3打差3位タイにパチャラ・コンワットマイ(タイ)、キム・ジンファン(韓国)が続いた。
日本からは7人が出場し、今年の日本ツアー賞金王・宮里優作が5アンダー8位タイで日本勢トップ。2番手には3アンダー26位タイの片岡大育、3番手には2アンダー36位タイの秋吉翔太がつけた。
【初日の順位】
1位:ジャスティン・ローズ(-10)
2位:ガン・チャーレンクル(-8)
3位T:パチャラ・コンワットマイ(-7)
3位T:キム・ジンファン(-7)
5位T:チュー・ツェファン(-6)
5位T:アシュリー・ホール(-6)
5位T:呂偉智(-6)
8位T:宮里優作(-5)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

インドネシアン・マスターズ 初日の成績
2017年のツアーギア総決算 “EPICイヤー”でも、ツアーは【ほぼほぼPING】が男女とも制圧!
宮里優作、心の強さでつかんだ平均パット数NO.1【ツアーの深層】
“忘れられた”ローズが“忘れがたき英国人”になった日【舩越園子コラム】
古閑美保が夫・小平智のために人生初キャディ!「彼だからできた」