ふたつのポジションをこなしながら代表初ゴールを挙げた小林は評価を上げたはずだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 中国戦は、勝てたことが一番の収穫だね。前回も言ったけど、E-1選手権はロシア・ワールドカップを見据えての選考会。初選出の選手が多く、良好なコンビネーションが期待できないなかで、個々が何を見せられるか。監督は、そこをチェックしているんだ。
 
 ただ、負けると選考以前の問題になってしまう。アジアで勝てない選手たちが、ワールドカップで結果を出せるとは考えないからね。ハリルホジッチ監督が「何人かA代表に入れそうな選手がいる」と言っていたけど、それも勝ったから出た言葉だ。
 
 もちろん、試合内容は、まだまだ詰める部分があったよ。守備を固めた北朝鮮とは違い、中国は前に出てきてくれたから、監督が求める背後を狙う攻撃はできた。とはいえ、ちょっと単調過ぎたし、技術的にも改善点は見えたよ。
 
 具体的に言えば、パスの質だ。背後のスペースに蹴るのではなく、走り込む選手の身体にボールを付けてあげると、日本の攻撃はもっと良くなる。ハリルホジッチ監督は、あまり気にしていないようだけど、フィジカルに課題を抱える日本人が、背後にボールを出して五分の勝負を挑むのは厳しいんだ。でも、スペースに走る選手の足下にボールを付けてあげれば、コントロールしながら抜け出すことができるよね。
 
 大島僚太あたりがいれば、そうしたパスが出てきたかもしれないけど、前半途中で負傷交代してしまった。彼がピッチにいた時は日本のパスワークが機能していたし、小林悠とのホットラインでチャンスも作れそうだったんだけどね。個人的にも楽しみにしていた選手だから残念だったよ。
 
 まあ、裏を狙った攻撃やパスの質は、日本サッカー全体が抱える課題だから一朝一夕には解決できない。時間をかけて改善していくしかないだろう。
 
 話を戻すと、初戦の北朝鮮戦に続いて2連勝できたのは、いろんな意味でポジティブに捉えられるよ。北朝鮮戦では中村航輔と伊東純也がアピールに成功したけど、中国戦では植田直通と小林悠が評価を上げたんじゃないかな。
 
 本職がセンターバックの植田は、不慣れな右サイドバックで起用された。あれは単純な数合わせではなく、酒井宏樹の後釜としてテストしたんだと思う。もちろん、酒井宏ほどサイドバックとしての働きは期待できないけど、高さとフィジカルを備えた植田は、攻撃でも守備でもリスタートの対策になる。それに、短期決戦のワールドカップでは、複数のポジションをこなせる人材は貴重だからね。可能性を示したという意味で、ハリルの評価は上がったはずだ。
 ポリバレントな能力を見せたという点では、センターフォワードと右ウイングをこなした小林も大きく株を上げたと思う。彼は点を取っただけでなく、守備でも貢献していた。90分間、前からプレスをかけ、かなりの運動量でパスコースを限定していたよね。そのうえで、チーム最多の5本のシュートを打っている。なかなかできることじゃないよ。
 
 今の日本に足りないのは、たくさんシュートを打つこと。守備をこなしながら最終局面にも顔を出せる小林は面白い存在だ。センターフォワードは大迫勇也が鉄板だと言われているけど、得点パターンの豊富さでは小林に分があるし、複数のポジションをできるのもアドバンテージになる。ハリルホジッチ監督に新たな選択肢を与えたと思う。
 
 センターフォワードで言えば、途中出場の川又堅碁が起点になっていたのも見逃せない。相手が疲れていたという見方もあるけど、クロスの競り合いも強いし、身体もしなやかで、左利きというメリットもある。日本代表のFW陣には左利きがいないから、アクセントになるよ。ただ、川又はセンターフォワードしかできないから、生き残るには相当なアピールが必要だね。次の韓国戦でチャンスがもらえたら、ゴールという結果で応えたいところだ。
 
 他に目立った選手と言えば、井手口陽介と今野泰幸が挙げられるけど、彼らについては今さら語る必要がないかもしれない。ミドルシュートを積極的に狙っていく井手口の姿勢は素晴らしいし、中盤と最終ラインをこなせる今野は、監督のなかではすでに”代表の一員”だろう。ガンバ大阪が低迷しているなかでも呼ばれているのは、個人の評価が高い証拠だよ。
 
 いずれにせよ、次の韓国戦は楽しみになったね。相手は勝つしか優勝の道が残されていないシビアなシチュエーションでの対戦だ。ここで勝って優勝できれば、今回のメンバーが生き残る可能性は高まるから、監督が望む攻守における1対1の厳しさや背後を狙う動きを意識しながら、個々の良さも見せてほしいね。