いつまでも若々しくいたいというのは、女性の永遠のテーマでしょう。しかし、人は平等に年齢を重ねていくものです。アラフォーになると、まぶたが痩せてきて、くぼみが気になる方が増えてきます。このくぼみが老けて見える原因に…!? 上手にアイメイクでカバーしましょう。

あれっ!? なんだかまぶたがくぼんでる? それ、おばさん顔の原因かも…

毎日自分の顔を見ていると、あまり気づかないこともあるのですが……写真を見てビックリした経験はありませんか? 変わっていないと思っていても、人は確実に歳を取っているのです。写真を見て老けたな……と感じやすいパーツは、目もと。年齢を重ねると、まぶたが痩せてきます。すると、まぶたがくぼんでしまうのです。徐々に変化するものなので普段は気づきませんが、くぼんだまぶたは、おばさん顔に見えてしまう原因に。

でも、まぶたのくぼみってどうしようもないのでは? と思いがち。だからといって、昔から使い慣れているブラウンアイシャドウを塗るのはNGです。ブラウンアイシャドウは自然な陰影を作るのに定評がありますが、それが仇となってくぼみを強調してしまいかねないのです。さらに、肌なじみが良いのでくすみを目立たせてしまうことも……。そこで、まぶたのくぼみをカバーするアイメイク方法をご紹介します。

グレーアイシャドウが若々しく見せるカラーだった! 明るい印象を目指して

ブラウンアイシャドウがまぶたのくぼみやくすみを強調してしまう原因になるかもと言いましたが、それでは何色のアイカラーを使うと良いのでしょうか。それはズバリ、グレーです。グレーはブラックに近いカラーなので、目の際に使うと自然に黒目を大きく見せることができます。まぶたのくぼみやくすみを強調しにくいという点からも、グレーアイシャドウがオススメです。

ハイライトカラーにはミルク色を使うと良いでしょう。日本人の肌になじみますし、膨張色なのでくぼみをカバーすることができます。アイホール全体に塗った後で、くぼんだ部分に重ね塗りしてください。さらに、眉下まで塗り広げるのがコツ。下まぶたもくぼみが気になるという方は、同じミルク色のハイライトを目頭側から目尻側まで太めに塗りましょう。

そして、グレーアイシャドウを塗っていきます。アイパレットでは締め色に当たるような濃いめのグレーを使います。中間色は影を作ってくぼみを目立たせるのでNG。濃いめのグレーをチップに取ったら、上まぶたの目頭から目尻まで、細くラインを引くように塗ってくださいね。2、3ミリ程度が目安です。グレーアイシャドウを丁寧にボカしたら、若々しくて大きな目もとができあがります。

アラフォーアイメイクは工夫が大事! 凹凸をカバーしつつ自然なデカ目に

まぶたのくぼみが気になるという方、ぜひグレーアイシャドウを使ってメイクをしてみてください。凹凸を上手にカバーできれば、老けた印象も払拭! 黒目の大きさも自然に強調できるので、簡単に美人顏になれますよ。

次回はアラフォーリップメイクのご紹介です。こちらもチェックして、さらに若々しさをゲットしましょう。

(C)VladimirFLoyd/Gettyimages(C)RyanKing999/Gettyimages(C)SrdjanPav/Gettyimages