集団で暴行を加える中国警護員たち=14日、北京(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国記者協会は14日、中国の警護員が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国賓訪問を取材していた韓国人写真記者たちを集団で暴行した事件について、遺憾を表明するとともに中国政府に正式に抗議した。

 記者協会は声明で、「中国を国賓訪問した韓国大統領を取材する記者たちに暴行を働いたことは容認できない行為。言論の自由を弾圧したのはもちろん、人間を侮辱した行為」と非難した。

 また、暴行が行われている間、韓国報道陣へのいかなる保護措置もなかったことに遺憾を表明し、記者たちの安全を守るよう求めた。

 事件は同日午前10時50分(日本時間同11時50分)ごろ、中国の北京市内で開かれた商談会「韓中経済・貿易パートナーシップ」の会場で発生した。特別な理由なく、取材を阻止されたことに抗議する韓国写真記者たちに対し、中国警護員が集団で暴行を加えた。負傷した2人の記者が病院で治療を受けた。韓国青瓦台(大統領府)は外交部を通じ、中国政府に抗議し、真相解明と責任者の処罰を求めた。