周囲の音を認識し音量を調整するAIイヤホンをBragiが予告。CES 2018で発表
完全ワイヤレスイヤホンのBragiが、音声・音響認識技術を手掛けるAudio Analyticと提携し、周囲の環境をAIが認識する「環境認識 (context-aware) イヤホン」を、2018年1月に開催されるCES 2018で発表します。AI搭載というと音声AIアシスタント対応であったり、Pixel Budsのようなリアルタイム翻訳(ちなみに、BragiのThe Dash Proもリアルタイム翻訳機能を備えています)を思い浮かべますが、環境認識イヤホンはそういったものとは異なり、周囲の状況で音量などを自動調整します。

Bragi、完全無線イヤホンDash Pro発表。リアルタイム翻訳、自動トレーニング追跡など新機能多数、スターキーによるカスタム版も


たとえば、イヤホンを装着している際、誰かと会話をするときにイヤホンを外したり、近づいてくる救急車のサイレンに気づくのが遅れたりした経験があるかもしれません。このような場面で環境認識イヤホンは、周囲の環境音をAIで認識し、会話が始まったら音量を下げる、サイレンが聞こえたら、周囲の音を聞こえるようにするなどの調整を自動で行います。

また、この機能はイヤホン自体に内蔵されているため、スマートフォンやインターネット接続がなくても使用可能とのこと。

いちいちユーザーが操作を行わずとも、状況に応じて自動調整を行ってくれるのなら、非常に便利になりそうです。また、今でこそ数多く発売されている完全ワイヤレスイヤホンですが、Bragiは2013年の設立時からこの分野に取り組んでいる老舗。AI搭載の話題性だけではなく、イヤホンとしての基本性能も期待できます。

発売時期や価格などの詳細は、現状では不明。1月のCESで合わせて発表されるものと思います。