画像を見る

株式会社ロッテは、ガムを噛むことで生み出されるエネルギーで夢のある社会をつくりあげていく“キシリトールガム”発売20周年記念プロジェクト「COME ON! ENERGY! -噛もう! 未来に向かって!-」を展開している。

そしてこのたび、プロジェクトの一環で、ヒップホップユニット・Creepy Nutsがこのプロジェクトのために新曲を書き下ろし、その楽曲のミュージックビデオの監修・プロデュースにも挑戦している。

このミュージックビデオが12月14日より、Creepy Nuts公式アカウントにて公開となった。

タイアップ楽曲のテーマは、「味」。景色やモノがどんどん味気のないものが増えている中で、20年ずっと愛され続けているキシリトールガムのように、「味」のあるものをもっと大事に、もっと誇ろうという思いのもと制作された。Creepy Nutsが企業とのコラボで楽曲を書き下ろすのは今回が初となる。

ミュージックビデオでは、“人生でも1、2を争う「味」を感じるであろう瞬間「スナックでの老人たちのクラス会」”をコンセプトに、50年後の未来のスナックを舞台に、年を重ねたクラスメート達に囲まれながら老人になったR-指定さんが過去を振り返り、“かいこ”しながら歌い上げている。

今回の挑戦に関して老人になったR-指定は、「リックベイカー顔負けの特殊メイクで老いさらばえた俺とミュージックビデオが現実を追い越したDJ松永。歌詞も音もミュージックビデオも俺らにとって新しい挑戦だらけです!」とコメント、また、DJ松永は、「やはり特殊メイクによって再現された老人R-指定は見所ではないでしょうか! さらに個人的には、初めてチップチューンのトラック作りに挑戦した楽曲でもあります。映像も音楽も、今までのCreepy Nutsにはない仕上がりになっていると思いますので、どうか多くのみなさんに楽しんでいただけることを願っています」とコメントしている。

50年後が舞台ということで、老人に変身したR-指定を見てDJ 松永は「50年後本当にこんな感じになるのかな」と未来に思いを馳せながら撮影を楽しみ、ときにはそんなR-指定さんの姿をからかうなど、賑やかな雰囲気のなか、撮影が行われた。撮影途中に現在の姿のR-指定とDJ松永が登場し、エキストラと共に盛り上がる様子は、ライブさながらに盛り上がっていた。

この機会に現代の流れを敏感に捉え、その流れに対して絶妙なテンポとワードセレクトで疑問を訴えかけるCreepy Nutsの新曲「かいこ」のミュージックビデオに注目だ。



リリース情報



2017.11.08 ON SALE

SINGLE「高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけどメジャーデビュー。」

Creepy Nuts OFFICIAL WEBSITE

http://www.creepynuts.com