暴行を受け倒れた韓国人記者=14日、北京(聯合ニュース)

写真拡大

【北京聯合ニュース】中国・北京市内で14日に開かれた商談会「韓中経済・貿易パートナーシップ」の会場で、中国の警護員が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を取材していた複数の韓国人写真記者を集団で暴行する事件が発生したことを受け、韓国青瓦台(大統領府)は中国政府に厳重に抗議するとともに、暴行に加わった警護員の身元の特定を進めている。

 青瓦台の高官は記者団に対し、警護員は商談会を主催した大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が雇用した中国現地会社の所属との報告を受け、身元を特定して経緯などを確認するよう指示したことを明らかにした。

 文大統領は事件の報告を受け、懸念を示すなど、事態を深刻に受け止めているという。

 同高官は「現場の警護は中国の公安が担当するため、民間会社としても指揮責任は公安にある」として、「(事件の)内容を詳しく把握する必要がある」と述べた。

 青瓦台は事件発生直後、国家安保室長や警護処長らによる緊急会議を開き、対策を議論した。

 韓国外交部は中国外務省に抗議するとともに、真相究明や責任者の処罰を要求した。

 ただ、同日に開催される文大統領と習近平国家主席の首脳会談で取り上げる問題ではないと判断しているという。