東京工科大学「ライブ・エンタテインメント論」ゲスト講師へのインタビュー書籍『響く⾔葉』発売

写真拡大

 書籍『響く⾔葉』(東京⼯科⼤学編)が、12月20日より全国書店にて発売される。

『渋谷音楽図鑑』牧村憲一が語る、2017年に繋がる「都市型ポップス」の系譜

 東京⼯科⼤学(東京都⼋王⼦市)では、メディア学部の特別講義として2007年より「ライブ・エンタテインメント論」を開講しており、『響く⾔葉』は同講義の10周年を記念し、各ゲスト講師へのインタビュー内容をもとに制作。「ライブ・エンタテインメント論」は、⼀般社団法⼈コンサートプロモーターズ協会による協力のもと、プロデューサーやクリエイター、アーティストなど、これまで61名のゲスト講師による142講座を実施し、約2,500名の学⽣が受講している。

 『響く⾔葉』には、⾳楽プロデューサーで本学客員教授の松任⾕正隆、元アニプレックス代表の夏⽬公⼀朗、芸能プロダクションホリプロ代表の堀義貴ら、⾳楽やアニメ、テレビ、ラジオ、芸能などの各業界より15名が登場。エンタテイメント業界を目指す学生に向けて“今、伝えておきたい事”“業界が求める⼈材”“視野を広げるために何をすべきか?”などが語られている。(リアルサウンド編集部)