REAL×TALK 行くぜ! シンペーJAPANスペシャル対談

 16年前の夏、井上雄彦が出会った少年は、今や日本のエースとなった。その成長を見続けてきた井上雄彦とプロ車いすバスケットボールプレーヤー香西宏昭が再びの邂逅(かいこう)。熱く繰り広げるリアルトーク!


出会って16年の月日が経っているという井上雄彦氏と香西宏昭選手

井上 リオパラリンピックからもう1年だね。それにしてもリオは遠かった(笑)。

香西 地球の裏側までありがとうございました。いい試合だけでなく、いい結果を観ていただきたかったんですけどね。

井上 でも2020年東京につながる大会になったと感じたよ。

香西 ありがとうございます!

井上 リオは3回目のパラリンピックだよね。最初は北京だったかな。

香西 そうです。まだ20歳でしたね。舞い上がったことしか覚えていないです。最初の入場の時に、暗い通路からカーテンがばっと開くとコートがすごく明るいんです。そこに見たことのないくらいの観客がいて、あ、もう、なんかヤバイなって……。

井上 そのまま試合に突入。

香西 はい。スタメンだったんですけど、もう地に足が着かないまま試合して、ほぼ記憶がないんです。

井上 覚えてない?

香西 試合は思い出せない(笑)。イリノイ大学に編入するためにコミュニティカレッジに通っていた時期で、選手村で早くイリノイに帰って勉強しないとダメだって思っていたことだけは覚えてるんですけどね。

井上 戦力的には主力ではあったけど代表では最年少だったし、当時のヒロの軸は日本代表よりもイリノイにあったんだね。イリノイ大学で実績も積んで、ロンドンパラリンピックではある程度の自信を持って臨めたんだ?

香西 全米大学選手権に優勝して、翌々年にはシーズンMVPも獲ったので、かなりの経験は積めたと思ってました。ロンドンに入っても、緊張するようなこともなかったので、ちゃんと自分が成長したなと感じてたんです。最初の試合までは。

井上 最初の試合? あっ、カナダ戦!

香西 そうです。あの試合、他の4人には点を獲られてもいいから、とにかくみんなでエースのパット(パトリック・アンダーソン)だけは抑えようとしたんです。ところが、それに気づいたパットが積極的に自分で点を獲りにきて完全に流れを持っていかれちゃった。途中までカナダの全得点を、パット1人が決めてたんですよ!

井上 世界最高のプレーヤーが本気になったんだ。

香西 そのレベルがあまりにも異次元で、ちょっとだけ持っていた自信が全部吹き飛びました。

井上 パットとヒロは同じイリノイ大学でマイク・フログリーの指導を受けた、いわば同門の先輩と後輩。そういう”近さ”もあってパットにも意識するところがあったんだろうね。

香西 パットのおかげで、本当のパラリンピックのレベルを実感できて、自分のレベルの低さを思い知らされた大会になりましたね。

井上 世界で闘うためにもっと自分を磨かないといけないと思ったわけだ。

香西 それでイリノイ大学卒業後は、プロとしてドイツリーグでプレーすることを選びました。ロンドンの後、及川晋平さんが日本代表のHC(ヘッドコーチ)に就任したことは、僕にとってとても大きなことでした。12歳の頃から指導してくれていた晋平さんと一緒に、リオで日の丸をつけてパラリンピックを闘うことは嬉しかったけど、すごく重いことだと感じましたね。

勝負に出て勝てなかったリオ。苦悩の先にある2020東京



井上 リオはチームの中心で、副キャプテンだったね。

香西 ヤンジャン(ヤングジャンプ)をはじめメディアにはキャプテンのレオくん(藤本怜央)と一緒に2大エースって書かれてたし、自分でもその自覚はありました。晋平さんは、大会前からチームに「宏昭はどこかでギアを上げる」って、ひとつの武器のように言ってくれていたんです。

井上 それは勝負の分かれ目みたいなところでってこと?

香西 そうです。チームからも期待されていたけど、僕がそれに応えられなかったのが、9位という結果です。

井上 リオのミックスゾーンで話を聞いた時、1戦目、2戦目の連敗は自分のせいだって言ってたね。

香西 最初のトルコ戦は、速攻を封じるためにスローな展開で接戦に持ち込みました。終盤に入ってその均衡を破るために、自分でシュートを狙いにいった。でもシュートが外れて、リバウンドから速攻を決められて、試合の流れが変わってしまいました。次のスペイン戦も、また自分が落として同じようにやられてしまった。もうすごい責任を感じたし、つらかったですね。

井上 勝負に出て、結果敗れて、その責任は自分にあるってことか……。

香西 ギアの上げ方に問題があったのかと。

井上 自分だけで強引にいっちゃったっていうこと?

香西 それに尽きると思います。今思うと、ギアを上げるって自分が決めることだけじゃないんですよね。無理に攻めにいっても、引きつけて誰かに出してもいいし。でもリオのあの場ではそれができなかったし、そんなに周りを見る余裕もなかった……。

井上 そういう二枚腰みたいなものはまだなかったんだね。

香西 とにかく自分が決めないとって思ってしまいました。

井上 ある意味決め打ちみたいになっちゃったんだ。難しいね。

香西 リオが終わって、あらためて自分自身を見つめ直してみた時に、リオに100%で臨んでいなかったと思ったんですね。もちろん手を抜いていたわけじゃないんですけど。例えばトレーニングもイリノイ大学時代からのメニューを続けているだけで、今何が必要かを模索してこなかった。このままじゃ東京も同じ結果だなって。

井上 リオでいろんなものを背負って闘ったことが、自分自身を知る機会にもなったんだね。

香西 とにかくここから3年間は、もうやり切ったって言えるくらいの時間を過ごそうと。
身体やメンタルなど専門的な知識や経験のあるプロの力を借りて鍛え直すことにしました。当然、お金を支払って仕事としてやってもらっています。プロスポーツ選手として当たり前のことなんですけどね。次の東京ではリオみたいな思いはしたくないですから。

井上 もがき苦しんで、自分の現在地っていうものをちゃんと分かって、そこでまた次の時間があるっていうのが、めぐりあわせっていうか、ヒロが持ってる運っていうか、何かを感じるよね。ああ、こんなことが足りなかったって感じても、もう次の舞台がないっていう人はたくさんいると思うから。

香西 そうですね、東京では結果を出さないと。晋平さんと一緒に勝ちたいというのには、もうひとつ理由があって、晋平さんと僕は世界最高のコーチ、マイク・フログリーのバスケに触れて、学んでここまできたんです。でもマイクがイリノイ大学から離れて、カナダ代表からも離れてしまって、世界のバスケが荒っぽい方向に変わってきているように思うんです。

井上 確かにフィジカルだけでゴリゴリ押してくるチームが多い。オーストラリアとかね(笑)。マイクは、京谷和幸HC(シンペーJAPANのアシスタントコーチ)が率いたU23日本代表の世界選手権でのプレーも評価してくれたらしいね。

香西 今、マイクのバスケを継承しようとしているのは日本だけかもしれません。U23も同じ方向で強化をしているから、自分のDNAみたいなものを感じてくれたんでしょうね。

井上 継承者として、東京ではそれを見せたい。

香西 晋平さんと一緒に勝って結果を出して、世界に見せつけたいです。

井上 to be continued……。すべては2020年東京へ、だね。

【プロフィール】
香西宏昭(こうざい ひろあき)
1988年7月14日。千葉県出身。
全米大学MVPを獲得し、プロ契約でドイツ・ブンデスリーガに挑戦中。今シーズンから欧州トップチームのひとつRSVランディルへ移籍。シンペーJAPANのエースのひとりでもある。世界のヒロへ突き進め!

続きはパラリンピックジャンプで>>



週刊ヤングジャンプ×Sportiva共同編集
「東京2020 パラリンピックジャンプ vol.1」
好評発売中!

詳しくはこちら>>