覚えておくと便利!○○を使ってホイップクリームを作る方法

写真拡大

12月も中旬になり、ママのなかにはクリスマスケーキを手作りしようか悩んでいる人も多いはず。スポンジを焼くのも大変ですが、ホイップクリームを作るのも道具がそろっていないと、なかなか大変。そこで、自宅で簡単にホイップクリームを作る方法をご紹介します。

生クリームにレモン汁を少しだけ入れる

自宅にハンドミキサーやフードプロセッサのようなものがあれば、労力をかけずにホイップクリームを作れます。でも、それら道具を持っていないと、泡だて器(ホイッパー)でシャカシャカシャカシャカ…。結果、腕が筋肉痛になってしまうことも。

そこで、注目したいのがレモンです。レモン果汁100%の「ポッカレモン100」でお馴染みのポッカサッポロが、2013年9月17日に発表した情報によると、生クリームにレモン果汁を1%添加すると、ホイップ時間が3分の2に短縮、レモン果汁を5%以上添加すると、ホイップ時間が約半分に短縮できるとのこと。

さらに、レモン果汁を1%添加したものは、舌触りが軽く、5%のものは濃さが強くなるなど、味覚の変化もあるそう。

…ということは、自宅でホイップクリームを作るときは、レモン汁を少し加えると◎。例えば、生クリーム100ccに対して、レモン汁小さじ1弱くらいで試してみると、いいかもしれません。

ちなみに、レモン汁がない場合は、固める作用のあるペクチン入りのジャムでもOK。生クリーム100ccに対して、ジャムを大さじ1〜2程度加えるだけで、時間短縮になります。ちなみに、イチゴジャムを加えれば、ほんのりピンク色のホイップクリームに仕上がり、みためも華やかに。

自宅に泡だて器がなかったら…

ご家庭によっては、泡だて器を持っていない人もいると思います。そういった場合は、前述のようにレモン汁またはジャムを加えた生クリームを、シェイカーや瓶などの容器に入れて、振ってホイップする方法もあるんです。ちなみにズボラな筆者は、牛乳などの紙パックに生クリームを入れて、ホイップクリームを作ったこともあります(紙パックを使うと、容器を洗う手間を省けるのです…)。振るがやや大変ですが、泡だて器がない場合には便利ですよ。

クリスマスケーキはもちろん、日ごろの子どものおやつにも使えるホイップクリーム。簡単な作り方を覚えて、賢く時短しましょう!

(文・山手チカコ/考務店)