「声優のアイコ」二審も懲役10年「完全責任能力があった」

ざっくり言うと

  • 14日、「声優のアイコ」による連続昏睡強盗事件の控訴審判決があった
  • 東京高裁は、懲役10年とした一審東京地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却
  • 裁判長は「事件時は平素の人格で、完全責任能力があった」と指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング