現在はジュビロ磐田の監督を務める名波浩【写真:Getty Images】

写真拡大

磐田の黄金期を支えた監督、選手が証言 “打倒レアル”で取り組んだ新戦術

「ジュビロが歴史上で最も素晴らしいサッカーを見せたのは、レアル挑戦が決まっていた2001年だった」――鈴木政一(元ジュビロ磐田監督)

 日本のクラブで初めて世界的な名門クラブであるレアル・マドリード(スペイン)に、公式戦での挑戦権を獲得したのは、ジュビロ磐田だった。クラブワールドカップの前身として、FIFA(国際サッカー連盟)は2000年に第1回世界クラブ選手権をブラジルのリオデジャネイロで開催。第2回大会は翌年にマドリード開催が決まり、1999年のアジアクラブ選手権(現・AFCチャンピオンズリーグ)で優勝した磐田がアジア王者として出場することになっていた。

 当時のレアル・マドリードは、ジネディーヌ・ジダン、ラウール・ゴンザレス、ロベルト・カルロスら錚々たるメンバーを揃え「銀河系」と別格視されていた。磐田を指揮する鈴木政一監督は、何度も繰り返し映像を見て、レアル対策を考えた。

「少なくともレアルには、フィニッシュまでに5〜6本のパスをつながせる必要がある。だからキャンプから、互いの距離を保ちながら前線から追い込むトレーニングに入りました。大半のメニューは守備に費やしました。攻撃は、もともと持っていたからです」

 だがシーズンが始まっても、新戦術は機能しなかった。チームの核を成していた名波浩(現・磐田監督)が語った。

「ボールを追うゾーンが広過ぎて、12人いてもしんどい印象でした」

 チーム内では「もうやめようよ、このサッカー」という声が大勢を占めていた。

ターニングポイントになったライバル鹿島を破った一戦

 しかし、2001年4月のJ1ファーストステージ第4節、東京・国立競技場で行われた鹿島戦で、遂に会心のパフォーマンスが実現する。

「磐田の歴史の中でも、最も攻守のバランスが取れた試合でした。スコアは2-1でしたが、これなら鹿島も何もできなかった、と言うはずの内容でした」

 名波は、それからの5試合がクラブ史上でも最高のパフォーマンスだったと振り返る。

 だが残念ながら、7月に敵地へ乗り込みレアルに挑戦するはずの世界クラブ選手権は、土壇場で中止になった。選手たちは精神的なショックを隠せず、セカンドステージを制した鹿島にチャンピオンシップで敗れ、ほぼ手中にしかけた国内タイトルも逃してしまった。

「今でもジュビロが歴史上で最も素晴らしかったのは2001年だったと思います」

 それは鈴木監督のみならず、ライバルチームの関係者たちも認めている。

 レアルへの挑戦は、磐田にとって破格のモチベーションになり成長を促した。翌2002年は、逆にプライドにかけて史上初めての2ステージ完全制覇を成し遂げるのだった。

 今年、10年ぶりにクラブワールドカップの舞台に立った浦和レッズのレアル挑戦は、大会初戦でアルジャジーラ(UAE)に0-1で敗れたことで目前で消滅した。しかしアジアを制し、大きなチャレンジに立ち向かおうとしたプロセスは、何ものにも代え難い効果的な強化につながったはずである。

加部究●文 text by Kiwamu Kabe(加部究 / Kiwamu Kabe)

加部究
1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。