イメージ

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)と株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)は13日、DeNA が運営する個人間カーシェアリングサービス「Anyca (エニカ)」を活用し、JR東日本レンタリース株式会社の保有車両について「レンタカー無人貸出サービス」の実証実験を行うと発表した。サービスは12月18日から開始され、2018年6月末まで実施される。

本サービスは、カーシェアリングの普及を受け、駅からの二次交通を整備し、ユーザーの利便性向上と地域活性化を目指して実施される。

借りられる車両は日産NOTEで、ユーザーは「Anyca」のスマートフォンアプリ(iOS版のみ)で予約と決済を済ませた後に、スマートキーデバイスを活用しレンタカーを使用する。返却時は、返却店舗に車を停車させてスマートキーでドアを施錠したらOKだ。


日産NOTEイメージ

実施されるJR東日本レンタリースの店舗は、新潟、⻑岡、越後湯沢、新白河、福島、郡山で、各店舗1台が対象となる。

料金は24時間4000円〜。

発表資料
URL:http://www.jreast.co.jp/press/2017/20171211.pdf
2017/12/14