ポルシェ初の市販EV『ミッションE』市販型プロトタイプが、厳冬のスカンジナビアで寒冷気候テストを開始しました。エキゾーストパイプを始め、ヘッドライトやCピラーなど、未だ多くのダミーパーツを装着している開発車両ですが、その驚異的性能が見えてきました。

目玉の一つはその充電能力です。現在主流の400Vではなく800Vシステムを採用することにより、約15分で80%の400km以上を走行します。また約20分でフル充電を完了し、530kmの航続距離を実現するとレポートされています。

パワートレインには2基のモーターを搭載、最高出力は600psを発揮します。0-100km/h加速は3.5秒、0-200km/h加速は11秒台とフェラーリ『F50』級の加速力と想定されます。

エクステリアは、2015年に公開されたコンセプトモデルからインスピレーションを得たクーペサルーンとなります。

ポルシェは今後、「パナメーラ」や「カイエン」にもEVモデルを投入する予定ですが、この「ミッションE」が市販EV第一号となるはずです。ワールドプレミアは、2019年から2020年と見られています。

(APOLLO)

脅威の充電能力!ポルシェ・ミッションEは、20分の充電で530km走行可能(http://clicccar.com/2017/12/14/539215/)