【ソウル聯合ニュース】米ビルボードは13日(現地時間)、評論家らが選ぶ「2017年ベストソング100」を発表し、韓国男性7人組グループ・防弾少年団(BTS)のヒット曲「DNA」がK―POPアーティストの曲として唯一、名を連ねた。

 「DNA」はベストソング100で49番目に紹介され、ビルボードは「『DNA』は米国の影響を受けたK―POPが米現地に再び影響を与える珍しいケースだ」と選定の理由を説明した。また「防弾少年団の米国進出は偶然ではない。彼らは2013年から海外で成果を積み上げてきた」と評価した。

 「DNA」が収録されているミニアルバム「LOVE YOURSELF 承 ‘Her’」はビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」で7位となり、K―POPアルバムの最高記録を打ち立てた。また「DNA」はビルボードのメインシングルチャート「ホット100」の67位にランクインした。