13日、観察者網は、台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)政権が南京大虐殺80周年の記念活動を行わなかったことについて、反民進党団体が「恥知らず」と抗議しているという香港メディアの報道を伝えた。写真は台湾の神社。

写真拡大

2017年12月13日、観察者網によると、台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)政権が南京大虐殺80周年の記念活動を行わなかったことについて、反民進党団体が「恥知らず」と抗議しているという。

香港メディア・中国評論通訊社の13日付の記事によると、台湾の反民進党・蔡英文団体「全民抜菜」(「菜」は「蔡」と発音が近いことから、「抜菜」は「蔡英文を引っこ抜く」という意味を持つ)の盧朝財(ルー・チャオツァイ)代表が「蔡英文は日本に媚び中国を敵視しており、全世界を震え上がらせた南京大虐殺の記念活動をしない」と主張した。

南京大虐殺80周年に際し、同団体はこれまでたびたび関連活動を行ってきたという。そして13日午後には台北市内の考試院(日本の人事院に相当)を訪れ、蔡政権への抗議を行ったとのことだ。

盧氏は「世界を震撼させた南京大虐殺の活動を行わないのは、民進党が『脱中国化』にかまけているから。蔡政権は『移行期正義』を推進しているが、これは完全に日本に媚び、中国を敵視するもの。条例を出して日本の統治時代について割り切り、台湾にある日本の神社を修復しようとするのは正しいことなのか。全島民が『抜菜』の態度を示し、蔡政権を任期中に打倒するとともに中台統一にまい進しなければならない。街宣車で民進党勢力の強い台湾南部を回ったが、多くの市民がわれわれに賛同した。引き続き抗議活動をしたい」などと主張しているという。(翻訳・編集/川尻)