身の回りの世話をしてくれる人間がいない独身男性が脳卒中に襲われた場合、「介護施設」に入居する確率が約3倍(depositphotos.com)

写真拡大

 「〇〇〇」は日本人の死亡原因トップ3(がん・心疾患・肺炎)に続く「第4位」に位置し、年間「30万人」が新たに発症。高齢者が「寝たきり」に見舞われる原因疾患の「第1位」に君臨している――。

 「〇〇〇」に入る正解は「脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)」なのだが、今回の米国発の報告記事はどうか、上記の国内の高齢者が「寝たきり」である事情も念頭に置きながらお読みいただきたい。

独身男性が脳卒中に襲われた場合......

 身の回りの世話をしてくれる人がいない独身男性が脳卒中に襲われた場合、世話をしてくれる人が存在する同性と比べて、「介護施設」に入居する確率が約3倍――。

 そんな発症後の明暗をくっきりと分けるシビアな調査結果が、10月26日の『Journal of the American Geriartrics Society』(オンライン版)に掲載された。

 これは米アラバマ大学のJustin Blackburn氏らが実施した研究の成果であり、10年間(2003〜2013年)に及ぶ大規模調査から「脳卒中の既住歴がある」男女560人(65〜100歳)のデータを抽出解析した結果の報告論文だ。

稼ぎも少なく世話人皆無の独身は......

 全対象者560人のうち、男女合わせて68人が発症後1年以内に介護施設に入居し、5年以内の入居組は119人いたという。

 また、各人の属性(交絡因子:Confounding factor)を多変量解析で調整した結果、日常生活において世話人を有する人(男女共)に比べ、そういう存在が身近にいない人では、脳卒中発症後(1年以内および5年以内)の介護施設への入居リスクが約1.7倍であることが示された。

 さらに男性層のみを「5年以内」の幅で比較した場合、世話人がいる男性陣に比べて、後者の独身男性陣は入居リスクが3.15倍にも上った。これは女性層のみの同比較が1.37倍のリスク増大に留まっていたのとは対照的な結果だった。

 この他にも今回の調査研究では、年収が5万ドル(約560万円)以上の層と比べ、2万ドル(約225万円)未満の層では「介護施設入居率」が高い傾向にある点なども読み取れた。

 主導者のBlackburn氏によれば、一般的に米国人は施設に入居する選択肢よりも、身内(配偶者、親、子どもなど)のサポートを受けながら自宅での生活を続けるほうを望むという。

 たとえ、障害を抱えていようが、自宅生活を望む層が「7割超いる」のに対し、介護施設への入居を選ぶ層は「3割に満たない」と同氏は解説する。

男性は身の回りのことをする能力が低い!?

 が、希望が現実によって裏切られるのも世の常。脳卒中後に介護施設への入居を余儀なくされる独身男性陣が多いのは、女性に比べて男性の場合、「一般的に身の回りのことを自分でする能力が低いためではないか」と研究陣は考察している。

 しかも、こうした男女比に日米格差がないことは、第一生命経済研究所の調査報告(2015年)が物語っている。

 これは60〜79歳の男女(=有配偶高齢者)を対象に実施されたもの。結果、病気や寝たきりになった際、夫の6割が「(妻が)頼りになる」と回答したのに対し、妻側の同回答はわずか2割止まり。むしろ「(夫は)頼りにならない」と感じている率が42%にも上った。

 もう一度、米国に話を戻せば、Blackburn氏らの見解に同意を示す立場のMaria Torroella Carney氏(米国ノースウェル・ヘルス)も、「昔ながらの伝統的な男女の役割意識が、今回の結果に色濃く影響している可能性を感じる」と述べる。

 そんな前提に加え、「女性は自分自身が介護者側になる可能性も高いから、介護の役割と重要性を理解している。ところが一般的に男性陣はそれを認識していない場合が多いのではなかろうか」とも解説する。

離別・死別後の脳卒中リスクをめぐる男女差は何か?

 転じて、日本の事情はいかに? こんな報告がある。国立がん研究センターや大阪大学などの多目的コホート研究(JPHC研究)によって明らかにされた、「婚姻状況の変化」と「脳卒中発症リスク」との関係性を物語る初の研究成果だ。

 この研究によれば、配偶者と「離婚・死別した人」の場合、「結婚を維持している人」に比べて、脳卒中の発症リスクが(男女にかかわらず)26%も高かった――。

 前者が「心臓病の発症リスクを高める傾向」は、海外の先行研究でも示唆されてきたが、「男女間で脳卒中リスクに違いがない」点は研究班も想定外だったらしい。

 また、離別・死別後に親と同居している非婚者の発症リスクを男女比でみた場合、(既婚男女のリスクを1として)男性陣が0.96なのに対して、女性陣は1.33と高かった......。

 この離別・死別後の脳卒中リスクをめぐる男女差とは何か? ポイントは親との同居にあり、世話役が「妻→親」へと代謝される男性側と、「経済的不安」や「親との同居=介護」という将来像に苛まれる女性側との明暗にあるのでは......と、専門家たちは分析している。

 だが、もっとツラいのはそうやって依存したり、頭を悩ます身寄りの存在さえもなく、不幸にも脳卒中に見舞われた独身男性たちのその後かもしれない。というのが、今回の結論になるだろうか。
(文=編集部)