14日、日本貿易振興機構(ジェトロ)が中国の20〜40代を対象に実施したアンケート調査で、日本が「今後行きたい国」の1位になったことが中国でも話題となっている。写真は中国人観光客。

写真拡大

2017年12月14日、日本貿易振興機構(ジェトロ)が中国の20〜40代を対象に実施したアンケート調査で、日本が「今後行きたい国」の1位になったことが中国でも話題となっている。

報道によると、調査は北京や上海、武漢など中国6都市の20〜49歳、月収5000元(約8万5000円)以上の中間層や富裕層を対象に8月に実施したもの。複数回答で今後行きたい国を聞いたところ、日本が40.2%を獲得し、2013年の調査開始以来初めて首位となった。前年調査で1位だった米国が39.9%で2位、前年2位のイタリアが37.4%で3位となった。

日本でしたいことを聞いたところ、6割超が「遊園地、テーマパーク、娯楽施設等で遊ぶ」と答え、「食事」「買い物」と続き、4位に「桜鑑賞(42.3%)」が入った。

日本人に対しては「礼儀正しい」「サービスが良い」のイメージが定着し、越境ECで日本商品を購入したことがある人も67.7%に上ったという。

この話題について、中国のネット上には「日本は理想的な旅行目的地だ」「日本へ行って初めて先進国とはどういうものか分かった」「日本はアジア最高の国であることに議論の余地はない」などと日本を評価する声がみられた。

一方で「正直、意外だ」「日本人による調査だからな」など結果を疑問視する反応もあった。また「日本へはもう7回も旅行した」という強者もいた。(翻訳・編集/柳川)