久保建英【写真:Getty Images】

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…11月にJ3で久保が決めたプロ初ゴール

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は11月のサッカーJリーグでU-17日本代表MF久保建英が決めた「“0.9秒の閃き”のプロ初ゴール」だ。将来を嘱望される天才レフティーは、相手クリアを咄嗟の判断から左足ダイレクトで放ったゴール奪取。16歳とは思えない一瞬の閃きで奪ったメモリアル弾の瞬間を、Jリーグ公式Youtubeチャンネルも紹介し、ファンに反響を呼んだ。

 才能が一瞬にして煌いた。天才少年たるゆえんを見せつけた。

 U-23FC東京として出場したU-23G大阪戦。久保は0-2で迎えた後半17分にピッチに飛び出すと、わずか2分後だった。MF小川が左サイドから攻め上がり、グラウンダーのクロス。相手GKが飛び出して処理に出たが、呼吸が合わず、DFのクリアが中途半端になった。ボールに対し、ペナルティエリア外で走り込んでいたのが、久保だった。

 この時、久保には選択肢があった。いったんトラップしてシュート、パスのいずれかを選択、フリーの味方ダイレクトで周囲にパス。しかし、16歳はそのどちらでもなく、ダイレクトでシュートを選択した。GKが戻り切れてないのを見逃さなかったからだ。左足のインサイドで丁寧に振り抜くと、意表を突かれたGKは飛びつくも触れず。そのままゴールに吸い込まれていった。

特筆すべき判断の早さ…直後に史上3番目の若さでJ1デビューも

 熱狂に包まれるスタジアム。ところが、背番号41は表情を変えることはない。これくらい当然とばかりにさらなる追撃へ、淡々と自陣に戻っていった。これが、1日にトップチームとのプロ契約後の初戦でゴール。プロ選手として記念すべき得点を、J3所属ながらJリーグ公式Youtubeチャンネルも公開した。

 映像を見ると、特筆すべきは判断の早さだ。DFがクリアしてから、久保がシュートを打つまで、わずか0.9秒。その間にGKの状況を見極め、一瞬の決断から、いったんトラップという無難な策ではなく、ダイレクトでシュートという閃きが生まれている。しかも、出場からわずか2分後。試合のリズムをつかむまで時間がかかってもおかしくない状況でやってのけるから圧巻だ。

 公開された映像に対し、当時はファンからバルサ復帰やフル代表招集を望む声も上がっていた。J3では通算2ゴールをマークすると、11月26日の広島戦では16歳5か月22日という史上3番目の若さでJ1デビューを果たした。将来はバルサ復帰の待望論も上がっている16歳。そう思うのも納得するくらい、才能が凝縮された「0.9秒の閃き」だった。(THE ANSWER編集部)