ispace公式サイトより

写真拡大

 ispace(アイスペース、東京都港区、袴田武史最高経営責任者〈CEO〉)は13日、独自開発した無人の月着陸船を2020年末までに2回打ち上げ、月を目指す計画を発表した。19年末ごろまでに月着陸船を月の周回軌道に投入し軌道上からの月探査を実施し、20年末ごろに着陸させてローバーで月面を探査する。計画の実行に向け、KDDIなど新規株主を引受先とする第三者割当増資を完了した。

 アイスペースはロボットによる世界初の月面探査レースに参加する宇宙ベンチャー。産業革新機構や日本政策投資銀行、TBSホールディングスなどからの増資を完了。12月末時点で資金調達総額は101億5000万円となる。この資金調達により月面探査ミッションを始める。資金は月着陸船などの開発などに充てる。

 袴田CEOは「月面の資源探査を高頻度で行えるように、必要な輸送システムを構築していきたい」と将来の展望を語った。