富士ゼロックスは12月14日、セカンダリーイーサネットに対応することで、社内LANと来訪者用など異なる2つのネットワークから共有利用でき、プリント速度と解像度を向上させたA0サイズのモノクロ広幅複合機「DocuWide 6057/3037」シリーズを2018年2月上旬に発売することを発表した。

2つのネットワーク環境で1台を共有利用できるため、訪問先に持ち込んだPCを2つ目のネットワークにつないで出力するといった運用が可能になり、外部でもセキュリティを担保しつつ、プリントやスキャンを行うことができる。

また、プリント速度は従来機の1.4倍、出力解像度は従来機の600dpiから1200dpiにアップし、図面に必要となる細線や円弧の再現性を向上した。そのほか、操作パネル上でのスキャン画像プレビューや、赤字を除去してスキャンすることも可能。富士ゼロックス独自の「マルチ送信」機能を使えば、紙図面をスキャンして電子化、データで保存すると同時に、同じネットワーク上の複合機やプリンターに転送できるため、A0からA2サイズの大きなプリントは広幅複合機で、A3やA4サイズでのカラープリントはオフィス複合機で、というような用途に応じた振り分け出力ができる。

標準価格(税別)はモデルによって異なり、214万円〜490万円。