今大会を欠場した小平智 (撮影:GettyImages)

写真拡大

<インドネシアンマスターズ 初日◇14日◇ロイヤルジャカルタGC>
14日(木)より4日間の日程で開幕したアジアンツアー最終戦「インドネシアンマスターズ」の第1ラウンド。午前組の選手が前半の競技を終え、世界ランク6位のジャスティン・ローズ(イングランド)が8アンダー単独首位に立っている。

1打差2位にキム・ジンファン(韓国)、3打差3位タイにキム・シファン(米国)らが続いている。
6人が出場している日本勢の中では、3アンダー8位タイでプレー中の宮里優作と秋吉翔太が最上位。同3番手に2アンダー20位タイの片岡大育がつけている。
また、来年の海外メジャー初戦「マスターズ」の出場を目標に掲げている小平智は、大会前日の13日(水)に今大会の欠場を発表。小平はマスターズ出場権獲得ボーダーである世界ランク50位につけており、年末の時点で同50位内をキープできればオーガスタ行きの切符を獲得できる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

宮里優作、愛する家族の前で決めた逆転賞金王!ウィニングボールは父・優氏へ
古閑美保が夫・小平智のために人生初キャディ!「彼だからできた」
マスターズ圏内に入った小平智の新たな悩み
石川遼、シンガポールOPが来季の初戦か「間に合うように練習していきたい」
2017年のツアーギア総決算 “EPICイヤー”でも、ツアーは【ほぼほぼPING】が男女とも制圧!