「今まで演じてないかなり激しい役柄だ」 ニコラス・ケイジ、『オレの獲物はビンラディン』を語る

写真拡大

 12月16日に公開される映画『オレの獲物はビンラディン』から、ニコラス・ケイジのインタビュー映像が公開された。

参考:ニコラス・ケイジ、インタビュー映像

 本作は、米同時多発テロの首謀者とされるオサマ・ビンラディンの誘拐を企て、パキスタン当局に拘束された実在するアメリカ人ゲイリー・フォークナーを基にした実録コメディー。キテレツ男ゲイリーを演じるにあたってケイジは、長髪や髭など外見を近づけただけでなく、ハリのある甲高い声を披露している。

 今回公開されたインタビュー映像では、役柄とは真逆ともいえるケイジが、低い声でゲイリーを冷静に分析。「実在の人物ということにとても驚かされたよ。今まで演じてないかなり激しい役柄だ」と役への本音を吐露したほか、ゲイリーは多くの人が思いとどまることを、危険を顧みずに実行してしまう人物だと語っている。

 また、本作の監督を務めるラリー・チャールズについては、挑戦することを恐れない監督だとコメント。「彼は反逆的なところがあるから楽しく仕事ができると思った。異端ともいえるほどコメディーや映画を限界まで追求しようとする」と、チャールズのような監督と仕事ができることは幸せだと明かした。(リアルサウンド編集部)