韓国国会(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は13日、国会が今月初めに採択した北朝鮮のミサイル発射を非難する決議文を北朝鮮に伝えようと電話をかけたが、北朝鮮側は応答しなかった。同部当局者が14日、記者団に対し明らかにした。

 統一部は国会から決議文の伝達を要請され、13日午前に南北軍事境界線上の板門店にある南北直通電話をかけた。しかし北朝鮮が応答せず、決議文を伝達できなかったという。

 国会国防委員会は2日、北朝鮮が前月29日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星15」を発射し「核武力の完成」を宣言したことを受け、「北のミサイル発射および(朝鮮戦争)休戦協定違反行為に対する糾弾決議案」を採択した。