上司の指示を忠実にこなすのは、日本人の美徳であり、長所でもあるのだろう。一方で、言われたことしかできない人間が、何かを生み出すことは不可能だ。とりわけ、創造性の高いスポーツであるサッカーにおいては、それが如実に浮き彫りとなる。


中国戦で待望の代表初ゴールを決めた小林悠

 監督の求めるものをこなすのはもちろん、そのうえで自らの判断が重要となる。常に状況が変わるなかで、いかに頭を働かせて、そのアイデアを具現化していくのか――。それこそがサッカーの醍醐味であり、本質でもあるはずだ。

 中国と対戦した日本は、その意味で実に日本人らしいチームだったと言える。

「1試合目にはなかった背後の動きをより強く要求した」

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、そう求めていたという。そして選手たちは忠実に、そのプレーを実践した。

 長めのボールをラインの裏に送り込み、まるで駆けっこのように相手DFと走り合う。シンプルと言えば聞こえはいいが、アバウトな攻撃を繰り返すのみでは、ゴールの予感が漂わないのも当然だった。

 その戦術のある種、”被害者”とも言えたのが1トップに入ったFW小林悠(川崎フロンターレ)だった。ひたすらスペースに走り、取れる可能性の低いボールを追いかけ続ける心境は、果たしていかなるものだったのか。それでも、限られたチャンスのなかで何度かフィニッシュに持ち込んだのは、今季のJリーグ得点王の意地なのだろう。

 ハリルホジッチ監督が求めた背後を狙うコンセプトは、間違いではなかったかもしれない。ただ、それ一辺倒では、相手の対応を楽にさせるだけだ。次第に慣れてきた中国相手に、日本の攻撃は完全に手詰まりに陥った。

 ところが後半に入ると、日本の攻撃にやや変化が生まれる。それは小林のプレーによるところが大きかった。前半は裏抜けが役割のほとんどだったが、後半は彼のポストプレーが機能し始める。そこにMF倉田秋やMF井手口陽介、MF今野泰幸(すべてガンバ大阪)ら中盤が絡むことで、日本は次第にいい形を作れるようになっていった。

 これまで主にFW大迫勇也(ケルン)が担ってきた日本の1トップに求められるのは、このポストプレーだった。得点よりも前線で起点となり、時間を生み出す役割が最大のミッションである。欧州遠征で抜擢されたFW杉本健勇(セレッソ大阪)も同様の役割を託されていたはずだ。

 一方で、小林は動き出しやエリア内で勝負するタイプのストライカーだ。川崎フロンターレでも、そのスタイルで得点王に輝いている。

 第1戦の北朝鮮戦では右サイドで起用されたように、ハリルホジッチ監督のなかでは、小林を真ん中で使うプランはなかったのかもしれない。つまり、ポストプレーができないという判断だ。センターフォワードではなく、スペースを突くサイドアタッカー。指揮官の小林評は、そういうものだったはずだ。

 しかし、杉本が離脱するなどセンターフォワードの人材難だった今回、川崎Fでその立場を担う小林が抜擢された。そして求められたのはポストプレーではなく、背後を狙う動き。おそらくハリルホジッチ監督は、そういう算段で小林を1トップに置いたはずだ。

 ところが後半の小林は、ポストプレーヤーとして十分な役割を示した。身長は180cmに満たないポストプレーヤーとしては小柄なタイプだが、フィジカルの強さと驚異の跳躍力を生かし、強靭な中国DF相手にも互角以上に渡り合った。

 実際に小林も、このポストプレーに手応えを掴んでいた。

「今日は自分でもうまく収められたと思うし、五分のボールもマイボールにできていた。競り合いとか、つぶれるところでは、ほとんど相手に勝てていたと思う」

 この小林のプレーには、ハリルホジッチ監督も称賛を惜しまなかった。

「アグレッシブに背後に入り、しっかりボールを落としてから、また背後に行ける。常にボールをもらえるような状態になっていた」

 また指揮官は、「守備に戻ってプレッシャーもかけられる」と、小林の守備面での献身性も高く評価していた。

 攻撃の起点となり、ファーストディフェンダーとしての役割も担うなど、小林は1トップとしての仕事を十分にこなしていた。足りなかったのはゴールだけ。前半に放った3本のシュートはいずれも枠をとらえられず、後半の決定機でもうまくインパクトできなかった。起点となることに手応えを感じながらも、肝心のゴールだけが遠い状況に小林は、「今日は僕の日ではないかなと思っていた」という。

 しかし、献身性を示し続けた男には、最後に最高の瞬間が待っていた。FW川又堅碁(ジュビロ磐田)がピッチに入り、この時点では右サイドにポジションを移していたが、「なるべく中でプレーすることを意識していましたし、堅碁が身体を張ってくれるので、その周りでプレーするイメージでやりました」と、ゴール近くのポジションを保ち、得点チャンスをうかがう。そして84分、川又がつないだボールを粘り強くゴールに流し込み、待望の先制ゴールを奪ってみせた。

 小林にとって、これが代表初ゴール。2014年10月のデビュー戦から3年、ようやく小林にスポットライトが当たった瞬間だった。

「サイドでも真ん中でもプレーできるので、かなり高い確率で候補に入ると思う。以前は少し(プレーが)軽かったが、今はかなりアグレッシブに戦えるようになった。フィジカルコンタクトも強くなって、相手にしっかり抵抗できた。これを続けてくれれば、よりよい準備ができると思う」

 ハリルホジッチ監督のリストの中に、小林の名前がくっきりと刻まれたことは間違いない。

 これまでの小林はケガがちで、大事なところで離脱し、代表に定着できなかった過去がある。しかし、今季はJリーグで初めて全試合に出場を果たし、クラブに初優勝をもたらすとともに、MVPと得点王にも輝いた。そして待望の代表初ゴールと、今がまさにキャリアの絶頂期にある。

「背後へのスプリントの動きや、チャンスに顔を出すところは負けたくないですね」

 小林は同じ1トップを争う大迫や杉本に対抗心を燃やす。一方で、右サイドにもFW久保裕也(ゲント)、FW浅野拓磨(シュツットガルト)、そしてFW本田圭佑(パチューカ)とライバルは多い。しかし今、ノリにノっているこの男には説明不能な勢いが備わっている。

 遅れてきたストライカーは、既存の序列を覆し、ロシアの行きの切符を掴むことができるだろうか。

◆もう「ハリル型」の監督はゴメンだ。前半27分で一変した中国戦に思う>>>

◆辛口なハリルも絶賛。「Jリーグ選抜」代表でGK中村航輔が好セーブ>>>

■サッカー代表記事一覧>>