「白鵬」対「日馬富士」取組を検証

写真拡大

 暴行事件の渦中の存在として注目を浴びている、日馬富士白鵬。しばしば“ライバル”と形容された2人のこれまでの取組を検証してみると、そこから見えてくるのは――。

 ***

 貴ノ岩にケガをさせたことで「横綱としての責任を感じた」と日馬富士が引退を表明したのは、11月29日のことである。これにより、2001年1月場所で初土俵に立った、日馬富士17年間の力士人生は幕を閉じた。

 またこの問題では、暴行のあった夜に同席していたことで、白鵬の名もしばしば取り沙汰されている。同じモンゴル力士で、年齢も日馬富士が33歳、白鵬が32歳と同世代の2人は、相撲ファンからライバルとして注目されてきた。実際の2人の対戦成績はどのようなものだったのだろうか。

「白鵬」対「日馬富士」取組を検証

「安馬」から改名し、日馬富士が大関として初めて土俵に立ったのは2009年1月場所。この時すでに横綱だった白鵬との対戦では、寄り切りで日馬富士が白星となっている。

 以降、直近2017年7月場所までの間に、優勝決定戦を除く2人の本割での対戦は全43回あり、うち白鵬が勝利したのは27回。つまり白鵬の「対日馬富士」の通常勝率は62・79%ということになる。だが、ある条件下では、白鵬の勝率は100%に跳ね上がる。それは、“日馬富士に敗れれば稀勢の里との優勝決定戦が控えている”というシチュエーションだ。

日馬富士も…

 具体的には「2011年9月場所」「2014年5月場所」「2016年3月場所」がこれにあたる。いずれの3場所とも、白鵬は日馬富士に千秋楽で勝利し、稀勢の里との決定戦を回避し優勝となっているのだ。

 また、日馬富士の勝率が100%に上がるケースもある。大関時代の日馬富士は、白鵬と21回対戦(優勝決定戦除く)し、うち8回勝利。勝率は38・09%だ。一方、日馬富士が横綱に昇進する直前の3場所「2012年5月場所」「同年7月場所」「同年9月場所」ではいずれも連続で白鵬を下し、勝率は100%となっている。付け加えれば、「2012年5月場所」で白鵬に負ければ、日馬富士はカド番の危機という状況だった。

 では、これらの取り組みの内容はどのようなものだったのだろう。上記で紹介した取組のうち、日馬富士の3連勝が始まった「2012年5月場所」、白鵬が敗れれば稀勢の里との優勝決定戦が控えていた「2014年5月場所」と「2016年3月場所」について、デイリー新潮で配信中の検証動画をご覧いただきたい。

週刊新潮WEB取材班

2017年12月14日 掲載