加瀬亮、マシ・オカなど豪華日本人キャストが出演するモーツァルト・イン・ザ・ジャングル」シーズン4

写真拡大

2018年2月16日(金)よりAmazonスタジオ制作オリジナル・ドラマシリーズ「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」のシーズン4が、Amazonプライム・ビデオにて配信開始される。

【写真を見る】ドラマや映画に引っ張りだこの加瀬亮

本作は、実在するプロのオーボエ奏者ブレア・ティンドールがクラシック業界の裏側をつづった、スキャンダラスな自叙伝的小説「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル〜セックス、ドラッグ、クラシック〜」を原作に、ニューヨーク交響楽団の舞台裏を描いた物語。

ガエル・ガルシア・ベルナル、ローラ・カーク、マルコム・マクダウェル、バーナデット・ピーターズなどのキャストが出演し、ゴールデングローブ賞の作品賞、主演男優賞(ガエル・ガルシア・ベルナル)を受賞するなど、高い評価を得ている作品だ。

シーズン4では、シリーズ初の日本が舞台となるエピソードが含まれ、マシ・オカ、加瀬亮、藤谷文子、原田美枝子をはじめとする日本人キャストの出演も決定している。

加瀬は「ダイスケ・ウエノという役で参加させていただきました。外国の方たちと仕事をするのは凝り固まっている自分の価値観に風穴を開けてくれる機会が多いので、いつも刺激になります。このドラマは軽やかなコメディーでありつつも、毎回さらっと大切な疑問を見るものの胸中に落としていってくれるところが好きです。楽しんでいただけたら嬉しいです」とコメント。

マシ・オカは「『モーツァルト〜』ファミリーの一員になることに興奮しています。日本での撮影中の、アメリカ人クルーと日本人クルーのコラボレーションは素晴らしかったです」と感激を語っている。(ザテレビジョン)