11日、捜狐網は「中国の村が米国マフィア得意先になる仕組み」と題する記事を掲載した。

写真拡大

2017年12月11日、捜狐網は「中国の村が米国マフィア得意先になる仕組み」と題する記事を掲載した。

【その他の写真】

記事によると、米国のマフィアは毎年、名画の複製品を大量に購入しているが、それらはすべて中国広東省深セン市龍崗●(山かんむりに岡)区大芬村、通称「油絵村」で描かれたもの。米連邦捜査局(FBI)は、この場所が新たなマネーロンダリングの拠点になっていると疑いをかけているという。

FBIの関係者によると、米国やイタリアのマフィアは毎年、レンブラント、ダ・ビンチ、ラファエロなど巨匠の名画の複製品を大量に購入。取引額は年300万ドル(約3億4000万円)以上になるとみられる。

一方、大芬村には狭い地域に約2000人の画家が住み、画商200店以上がひしめきあっている。村では年間100万枚以上の油絵が作られ、輸出額は3000万元(約5億1400万円)以上。世界に存在する油絵の7割が中国から輸出されているとみられ、うち8割は大芬村で描かれたものとされている。

記事は「米国などのマフィアは、組織に新たなメンバーを迎え入れる際、絵画の上に血をたらす宣誓式を行っている。米国では年に約8000人が新たにマフィアになるとみられ、大芬村は宣誓式で使われる絵画の主要な輸出元となっている」と伝えている。(翻訳・編集/大宮)