Image: Artistdesign29/Shutterstock

ほかのMac製品にも展開されるのかな?

いよいよ2017年12月14日(木)に発売が開始される「iMac Pro」ですが、その進化はスペックだけではありません。以前からその存在が噂されていた内蔵プロセッサ、T2についての詳細が海外で報じられています。どうやら、セキュリティ関連の追加機能に利用されるようですね。

macOSやiOS向けアプリを開発するPanic(パニック)の共同設立者、Cabel Sasserのツイートを見てみましょう。画像上段には、「ファームウェア・パスワード・プロテクション」という項目がありますね。これをオンにすると、ほかのハードディスクやCD、DVDからパスワードなしにブートすることができなくなります。展示品や業務用のMacにはありがたい機能でしょう。

さらに「セキュア・ブート」項目では、フル・セキュリティ、ミディアム・セキュリティ、なしの3段階のセキュリティレベルが選べます。最上段のフル・セキュリティでは、最新かつ最もセキュアなソフトウェアだけが起動でき、ソフトウェアのインストールにはネットワークへの接続が必須になります。これも、業務で使うパソコンで役立ちそうです。

それ以外にもUSBやThunderboltデバイスなど外部メディアからのブートを許可するかどうかの設定も確認できます。また、T2はカメラやオーディオ、SSDを独自にコントロールできるとか…。それは何に使うことになるんだろう?

このような独自プロセッサとしては、MacBook Proに搭載された「T1」チップがあります。これはTouch Barや指紋認証機能のTouch IDを制御するもので、ARMベースプロセッサとなっています。「T2」チップはまだその詳細が判明していないものの、やはりiPhoneに搭載されている「Aシリーズ」プロセッサに近いものなのかな?

非常にパワフルかつ高額なiMac Proですから、個人だけでなく会社に導入される機会も多いことでしょう。そんなときにも、T2が実現したセキュリティ機能は活躍しそうです。

Image: Shutterstock
Source: Apple Insider, Twitter, Panic Inc.

(塚本直樹)