ドラマ版『モブサイコ100』律役に望月歩、花沢輝気役に荒井敦史ほか

写真拡大

濱田龍臣を主演に迎え、テレビ東京系にて1月18日よりスタートする新ドラマ『モブサイコ100』(毎週木曜25:00〜)に、望月歩、荒井敦史、山谷花純、モロ師岡、久保田悠来、塩野瑛久、福山康平、坂ノ上茜が出演することがわかった。

『モブサイコ100』とは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」にて連載中の、ONEによる人気作。2016年にアニメ化もされ、今年1月には「小学館漫画賞」(少年向け部門)を受賞した。少年の成長物語という王道の青春ドラマでありながら、ギャグ満載のコメディーとシリアスなシーンが絶妙に絡み合っている。ドラマの見どころは、特撮や VFX を駆使した壮大な“超能力バトルシーン”だという。

今回発表された望月が演じるのは、主人公・モブ(濱田)の弟・影山律。成績優秀でスポーツも万能。さらに、生徒会に所属しているという役どころだ。望月は、「心の中で実は“いろんな想いを閉じ込めてる律くんをどう演じようか……”と日々奮闘してます」と役作りに苦戦していることを明かし、「すごく笑いが絶えない現場で毎日毎日楽しいですし、そんな素 敵な場所のおかげで律として成長していると思います。期待してください!」と視聴者にメッセージを送った。

荒井が演じるのは、黒酢中学校の裏番長で、自分が世界の中心だと思っている超能力者・花沢輝気。「原作を読んで大笑いした」という荒井は、「その中で生きているキャラクター達も物凄く魅力的で生身の人間が演じたらどうなるのか、花沢を演じるプレッシャーもありますが……楽しみながら大胆に挑戦しております」と作品にかける意気込みを語った。

山谷が演じるのは、モブを勧誘する脳感電波部の部長・暗田トメ。オファーを受けた際、役の設定に「脳感電波部部長」とだけ書かれていたと言い、山谷は「これは新しい扉を開かねば演じられない子だなと直感で思いました」と告白。「全てを振り切り、私というフィルターを通して生きるトメが皆さんにどう届くのか、今からとても楽しみです」と述べた。

そしてモロが演じるのは、モブ行きつけのタコ焼き屋のおやじ役。脚本を読んだ感想を「ゆる〜いなぁ」と明かしたモロ。「ゆるく愛おしいキャラクター達ばかりでニヤニヤしながら最後まで読んでしまいました」と作品の印象を明かし、「なので私の芝居も全く緊張感のない力の抜けた演技を心掛けました。手を抜いた訳ではありませんよ。力の入らない芝居を熱演しましたからね。きっと肩の力を抜いて、頭の中を空っぽにして楽しめる作品になっていると思います!」とコメントした。

そのほか、久保田は覚醒ラボ創設者・蜜裏賢治役。塩野は、覚醒ラボの超能力兄弟・白鳥大地(兄)役。福山は、覚醒ラボの超能力兄弟・白鳥海斗(弟)役。坂ノ上は、覚醒ラボ超能力者・黒崎麗役を演じる。