おしりにうっ血ができた状態をあらわす痔。トイレの度に痛い思いをするのはとても辛いですよね。そんな痔の発生の有無は、普段の食生活に左右されることをご存知でしょうか。ここでは痔を改善する食べ物・悪化させる食べ物についてご紹介しましょう。

痔を改善する食べ物

痔は排便の際におしりに負担がかかることで発生してしまいます。便秘や下痢といった異常便が負担の原因となってしまうため、いかに便秘や下痢といった異常便を普段の食生活で防ぐかがカギとなってきます。異常便に効果的な食生活のポイントとしては、腸内に善玉菌を多く存在させること。それに効果的な食べ物となれば食物繊維が豊富なものや、発酵食品などが挙げられます。食物繊維が豊富な食べ物の具体例は、白米よりも玄米、大根・レンコン・ごぼうなどの根菜類、昆布やワカメなどの海藻類、果物ならバナナなどです。次に発酵食品の具体例としては、定番のヨーグルト、キムチ、納豆など。これらの食材は腸内環境改善・異常便の改善に効果的であるのはもちろんのこと、痔の改善予防にも効果的な食べ物として知られています。

痔を悪化させる食べ物

痔の改善予防に効果的な食生活のポイントが腸内に善玉菌を多く存在させることと上述しましたが、逆に腸内に悪玉菌を多く存在させる食生活になると痔を悪化させる原因となってしまいます。腸内に悪玉菌を増やし、腸内環境を悪化させる食べ物としてはみなさんがよく耳にするコンビニ食、ファーストフードなどが有名です。コンビニ食は食物繊維に加え各種栄養素に乏しく、ファーストフードは肉や脂が多くを占めています。そのためいつもコンビニ食やファーストフードだけで済ませようとしている人は痔に悩まされる危険性が高まると考えておいた方が良いでしょう。

十分な水分を摂ることも大切

食生活とは別で、日頃から十分な水分を補給しておくことも大切です。理想は一日に2.5リットルは水を飲むことが推奨されていますが、当人が食事を抜いたり、尿意の誘発が嫌で水分補給を怠ったりする結果、慢性的な水分不足へと陥る方は少なくありません。水分不足に陥ると便のスムースな排泄が行われないため、便秘の原因、果てに痔の原因にも発展してしまいます。適切な腸内環境・排泄には最低限の水分が欠かせないというわけですね。痔の発生・再発に悩まされているあなたは、痔の改善予防に良い食生活・十分な水分補給を心がけておくことをおすすめします。


writer:サプリ編集部