なぜ「尊敬する人」は父親より母親なのか

写真拡大

「母親を尊敬する」という子どもが過去最高になっている――。博報堂生活総研が子ども(小4〜中2)を対象に調査した結果、父親の尊敬度がこの20年で横ばいなのに対し、母親を「尊敬する」と答えた子どもが2017年に7割近くにまで増え、父親を逆転した。変化の原因はなにか。博報堂生活総研の十河瑠璃研究員が考察する――。(第2回)

■子どもにとっての母親は“すごい人”に

博報堂生活総合研究所は今年、子ども(小4〜中2)を対象とした大規模調査「子ども調査2017」を実施しました。この調査は20年前の1997年から同じ調査設計、項目で実施されている長期時系列データ(ロングデータ)です。この連載では、ロングデータの分析から見えてくる20年間で起こった子どもたちの変化と、同時に実施した家庭訪問調査や小中学校の先生などへの取材から、今、子どもたちに生まれている新しい価値観や生活行動について解説していきます。

連載第2回では、子どもたちと両親の関係に焦点を当てます。博報堂生活総研が今年実施した「子ども調査2017」によれば、子どもたちが親に対して持つ印象は、このところ大きく変化しています。

父親、母親それぞれについて「尊敬する人」「友達のような人」「どうでもいい人」のいずれかを選んでもらう問いの中で、97年の段階では父親を「尊敬する」と答えた子どもが約6割と、母親(5割強)を上回っていました。

しかし17年の調査では、父親の尊敬度が横ばいであるのに対し、母親を「尊敬する」と答えた子どもが7割近くにまで増え、父親を逆転。母親を「友達のような人」と答える子どもが減り、その分「尊敬する人」と答える子どもが増えた形で、母親は“親しみやすい人”というだけでなく“すごい人”だと思われるようになっているのです。この変化には、いったいどのような背景があるのでしょうか。

■家でも会社でも働く母親たち

かつての日本の家庭では「働く夫と専業主婦」による世帯がモデルケースとなっていました。しかし、厚生労働省「厚生労働白書」によれば、第一回の子ども調査を実施した1997年の段階で、すでに共働き世帯の数が専業主婦世帯の数を追い抜いています。

1990年生まれの私はこの頃小学校に入学したのですが、フルタイム勤務の母親はまだ少なかったものの、パートタイムで働いているという話はそれほど珍しくなかったように記憶しています。共働き世帯はその後、いったん減少したものの再び増加に転じ、最新の2016年では共働きの世帯数が専業主婦世帯の1.7倍にまで増加しました。

こうした傾向は中学生の子どもの母親ではさらに顕著で、厚生労働省の調査「第14回21世紀出生児縦断調査(2015年、14歳の子どもが対象)」によれば、フルタイムで働く人が2割、パート・アルバイトが5割、自営業・自由業などが1割と、8割がワーキングママ。もはや専業主婦は2割しかいません。

また、学歴も上昇しています。文部科学省の統計によれば、1997年に女性の大学進学率は26%でしたが、2017年では50%と約2倍にまで伸び、男性との差は過去最低の7ポイントまで縮まっています。仕事も学歴も、男性と遜色のない女性が増えているのです。

しかし、そうした変化にもかかわらず、家事の担い手は依然として女性のままです。総務省「社会生活基本調査」によると、末子が小学生である夫と妻の家事行動時間を比較すると、妻の家事時間が圧倒的に多くなっています。しかも、こうした傾向は専業主婦家庭、共働き家庭いずれの場合も変わりません。共働き家庭においても妻は夫の約3倍の時間を家事にかけており、平日でも土日とほぼ同じだけの時間を費やしているのです。会社で働いた後、家でも働く母親の姿を常日頃から見ている子どもたちには、その存在は頼もしく見えていることでしょう。

父親に対する尊敬度も引き続き6割の水準をキープしているので、父親も一生懸命仕事をしているのだということは子どもたちもわかっているはずです。しかし、これまでと変わらぬ役割を担っている父親に対し、家のことも社会のこともわかるようになった母親の存在感は相対的に高まっているようです。

■より近づく母子の距離感

そうした背景のもと、子どもたちと親、特に母親との距離はとても近くなっています。

これは男女に共通する特徴ですが、特に男の子の“お母さんっ子化”は顕著です。「お母さんとよく買い物に行く」と回答した男の子は、07年に比べて20ポイント以上の増加となっているほか、「お母さんのような人と結婚したい」という男の子も6ポイント増加しています。

実際に私たちが家庭訪問調査に伺った小学4年生の男の子は、母親の誕生日には家族の写真や手書きのメッセージを切り貼りしたメッセージボードをお姉さんといっしょに作り、プレゼントしたそうです。調査の日はちょうど母の日だったのですが、その子はメッセージ付きの母の日のプレゼントを私たちの目の前で母親に手渡しており、そうした密なコミュニケーションが日頃から行われているようです。

また、子どもの意識変化分析にご協力いただいた中学校の先生も、「10年くらい前の中学生男子は、3者面談に来ても一言も母親と口を利きませんでした。でも今は、仲良く会話する子がほとんどです」と驚きを隠しません。

こうした“お母さんっ子化”は、母親の存在感の高まりだけではなく、東日本大震災が一因となり母親側の子どもに対するケアが手厚くなったことも影響しているようです。家庭訪問調査などを通し「震災以降、より子どもの心配をするようになった」という声が多くの母親から聞かれました。

ある中学1年生の男の子の母親は、自分の周囲ではどの家庭でも何かあった時にはすぐに連絡できるよう行き先は必ず把握した上、携帯電話を持たせているといいます。中学生ともなれば一人で出かける機会も増え、いつでも親の目が届く場所にいるとは限らないだけに、日頃から子どもにより注意を向けるようになっているのです。

また、母親のケアはオンライン上にも広がっています。ある中学2年生の女の子の母親は、自分の子がスマートフォンでどんなアプリをどれだけ使っているか確認できるアプリを導入しています。他にも、友達とのLINEのやりとりの内容を母親が確認していて、かつそのことを友達に伝えたうえで使うよう約束している家庭もありました。そうなると、さすがに子どもたちの側にも「もう少し自由にさせてくれてもいいのにな」という思いがあるようですが、ある小学4年生の女の子は「お母さんが自分のことを思って言ってくれてるのはわかる」と譲歩の姿勢。自分の気持ちと親の気持ちとのバランスを、うまく測りながら暮らしているようです。

■理想の父親のありかたは“イクメン”だけなのか

ここまで母親の存在感が増し、母子の距離が近づいているという話をしてきましたが、父親についてはどうでしょうか。

実は、「お母さんのような人と結婚したい」男の子が増える一方で、「お父さんのような人と結婚したい」女の子は07年から減少しています。「将来結婚したい」という子は男女ともに8割以上となっているのに、父親にとっては悲しい結果です。これは、会社でも家でも働く母親と、家事をしない父親という構図を日頃から見ていることが影響しているのではないでしょうか。

「結婚後に専業主婦になりたい」女の子は97年には6割だったのが、17年には4割程度と半分を切っており、半数以上の女の子たちが将来は自分も働くのだと考えていることがうかがえます。そのなかで、家事をあまり手伝わない父親の姿は、理想の結婚相手としてとらえにくいのかもしれません。世界の他の国々と比べても、日本の男性の家事分担率はかなり低い水準にあると言われており、まだまだ改善の余地があることは確かです。

しかし、父親にできることは“イクメンになる”ということだけではありません。90年に20%強だった日本の自営業率は一貫して下がり続けており、子どもたちが父親の働く姿を直接見る機会はますます減っています。加えて家庭で仕事の話をしない父親もまだ多く、父親がどういう人間なのか、子どもたちに伝わらないのも無理もありません。自分がどんなことが好きで、どんなことを考えているのか。そうした自己開示をこまめにすることで、ひょんなことから共通点が見つかり、会話がはずむかもしれません。そうした小さなやりとりの積み重ねは、子どもたちとの距離を近づけるきっかけになるはずです。

----------

十河瑠璃(そごう・るり)
博報堂 生活総合研究所 研究員。2013年博報堂入社。博報堂DYホールディングス及び博報堂DYメディアパートナーズにて経理業務に従事し、2016年より現職。生活者の消費動向や子どもの意識・行動変化の分析に携わる。
 

----------

(博報堂 生活総合研究所 研究員 十河 瑠璃)