ダイキン工業 取締役会長 兼 グローバルグループ代表執行役員●井上礼之氏

写真拡大

一流の経営者は、仕事以外の時間をどう過ごしているのか。雑誌「プレジデント」(2017年5月15日号)の特集「一流の人の1週間」から、経営者3人の「オフの過ごし方」をご紹介します。第1回はダイキン工業の井上礼之会長です――。(全3回)

■旅行や音楽会で人と関わり感性を磨く

ビジネスで大きな決断を迫られるとき、情報やそれに基づいた分析力や論理力も必要ですが、最後は「動物的な勘」で決断してきたことが多いように思います。

2000年代前半、ヨーロッパが記録的な猛暑に襲われ、暖房中心の市場で一気に冷房が普及する可能性がありました。私は現地に入り込んで販売計画の練り直しを指示し、業務用ではなく、家庭用のルームエアコンの生産を他社に先んじて一気に拡大しました。もちろん情報収集や分析はそれなりにしていましたが、戦略の方向性がおおよそ定まったところで一気に決断を下しました。現地に飛び、現場を見たとき、私の目にはそのときこそが「欧州エアコン市場の夜明け」とうつったのです。この動物的な勘によるタイムリーな決断が、その後に当社の欧州事業が急成長する基盤となりました。

これだけ様々な情報が交錯する時代、他人が気づかない隙間や暗闇に潜むチャンスを見極める感性の力こそが、ここぞというときの勝負を決めるように思います。

そのためにも人生の関心事はできるだけ広範囲のほうがよい。それが自分の人間としての幅を広げ、多面的に考え、難しい局面での決断能力につながっていくのだと思います。

他社を見ても、優れた経営者には感性豊かな人が多い。美しい音楽を聴いたり、社内外問わず、様々な人との交流の中で心温まる話を聞いて素直に感動できる……そういう感受性がある経営者に人はついていこうとするものかもしれません。

私はゴールデンウイークには、「異業種研修会」と称して、仲のいい経営者夫妻数組でハワイで過ごします。今年で3回目になりますが、旅を楽しみながら、昼間に時間を決めて、グローバル経営の話や、今年であればトランプ大統領就任後の米国経済をどう見るかなどテーマを決めて4〜5時間フリーディスカッションをする。業種が違う経営者同士なので本当に勉強になりますよ。

6月、7月は蓼科や軽井沢などの当社研修施設を開放してコンサートを開催し、経済界や政界の方々をお招きして交流を深めます。

こういった時間こそが自らの感性を磨き上げ、仕事人生を豊かにしてくれているとしみじみ思います。

■まずは純粋な好奇心に従って行動してみる

もちろんオフに何をするかは人それぞれでよいと思います。ただ、もしアドバイスをするとしたら、まず純粋な好奇心を大切にしてほしい。給料を稼ぐためとか、家族を養うためにやらなくてはいけない、というものではなく、自分が本当に何を食べたいとか、こういう人と話してみたいとか、自分をわくわくさせてくれる純粋な気持ちです。

そんな好奇心が湧きあがってくるものは何だろうと改めて自分に問うてみる。そして、それがわかったら実際に行動してみる。そしてそれを味わったり楽しんだり失敗したりすることが、持って生まれた自分自身の固有の資質を磨く原動力になるのではないかと思いますね。

私は、学生時代から1泊2食で数百円の格安宿なんかを見つけて、日本中旅行してきました。当時から、好奇心を持ったら行動せずにいられない性格だったのですね。そして旅先でおいしいモノを食べながら地元の人と語り合い、仲良くなるのが大好きでした。旅先で助けられた人と交流を続けたりもしました。

私にとって大切なことを教えてくれるのはやはり人。人と話し、人とつながり、人から学ぶのです。

今、普段の週末はゴルフをすることが多い。そこでも人と楽しくコミュニケーションを取ります。

ただし、理想的には1週間に1日くらい家でごろごろしている日もつくりたい。仕事のことは考えず、ぼーっとしたり、散歩をしたりする時間というのも絶対に必要です。そこで悩んでいた課題の答えやアイデアがぱっと浮かんだりする。今はなかなか難しいのですが、何もしない時間も少し増やさないといかんとは思っています。

ただし、いつもぼーっとしているだけではいけません。最近は「海外なんか行かなくてもネットで情報を取れば十分だ」とか「ただ家族で平和に暮らしたい」という若い人が増えているという話を聞きます。

しかし現実には当社を含め、グローバル企業は今、世界各地の前線で大変な戦いを強いられています。知らない国に進出すればゼロからの出発になりますし、いったんその国で頭角をあらわしたら現地企業などから猛烈にライバル視されたり無視されたりもする。そこを克服するための挑戦力を磨くには、ただ平和に平凡に生きていけたらよいというスタンスでは無理でしょう。

オンでもオフでもいつも冒険心やチャレンジ精神を持ち、そんな人生をエンジョイできる人が、公私ともに成功を収めるのだと思います。

----------

▼井上会長の週末のスケジュール
●土曜日

06:00 起床・身支度・朝食

08:00 友人とゴルフ
プレイしながらたくさん話し、人間としての交流を深める

13:30 ゴルフ仲間と昼食

15:00 帰宅

16:00 クラシック鑑賞

19:00 家族と夕食その後家族団らん

23:00 就寝


●日曜日
07:00 起床・身支度・朝食

08:00 近隣の神社や自然を散策
仕事のことを忘れてリラックスする時間

10:00 ストレッチ体操の指導を受ける

12:00 家族で昼食

13:00 読書・テレビ

18:00 妻とクラシックコンサートへ
よい芸術に触れることで感性を磨く

20:00 家族と外食、その後家族団らん

23:00 就寝

----------

----------

井上礼之(いのうえ・のりゆき)
ダイキン工業 取締役会長 兼 グローバルグループ代表執行役員。1935年、京都府生まれ。同志社大学経済学部卒業後、57年大阪金属工業(現ダイキン工業)入社。人事部長などを経て、79年同社取締役就任。常務、専務を経て、94年代表取締役社長、2002年より代表取締役会長兼CEO就任。14年より現職。

 

----------

(ダイキン工業会長兼CEO 井上 礼之 文=木下明子 撮影=澁谷高晴)