Appleは現地時間12月13日、開発者向けにiOS11.2.5の最初のベータを公開しました。auのiPhoneでビジュアルボイスメールが使えない問題やHomeKitの不具合を修正したiOS11.2.1が一般向けに公開された直後の開発者向けリリースとなりました。

主にセキュリティ強化とバグ修正のベータか

AppleがiOS11.2.5のベータを公開したのは、iOS11.2.1の正式版公開からわずか数時間後のことです。なお、iOS11.2.1では、au(KDDI)のiPhoneでビジュアルボイスメールが利用できない問題を修正したほか、HomeKitの脆弱性に関連した問題が修正されています。
 
iOS11.2.5ベータでは、特に目新しい機能などは追加されておらず、主にセキュリティ強化とバグ修正が中心のアップデートとみられます。

バージョン番号に開きがある理由は不明

iOSのバージョンは、iOS11.2.1の次は通常、iOS11.2.2になりますが、今回のベータがiOS11.2.5とバージョン番号に開きがある理由は不明です。
 
12月初めに公開されたiOS11.2では、アメリカで個人間送金のApple Pay Cashが利用可能となったほか、iPhone XとiPhone8/8 Plusで高速ワイヤレス充電が可能となっています。

 
 
Source:MacRumors
(hato)

 
 

使い方をわかりやすく徹底解説!iOS11関連記事

iOS11でバッテリー消費を改善する6つの方法iOS11で戸惑う、11の変化と対処法iOS11新機能 使い方解説記事まとめ!