相手が夢中になったところで、いったんどん底に落としたりするのは結婚詐欺師のセオリーです(写真:bee / PIXTA)

「これって、結婚詐欺ではないかと思うんです」

「相談したいことがあるから、面談したい」と言ってきた、中西京香(37歳、仮名)は、事務所に来て、ソファに腰をかけるなりこう言った。

「結婚詐欺って、今お付き合いしている高村さんのこと?」

「はい、もう絶対にあの人、おかしい! 怪しいと思います!!」

京香は、見合い後に交際に進展した高村浩司(37歳、仮名)が結婚詐欺師ではないかと言う。京香は某メーカーで男性と肩を並べて営業成績を上げているバリキャリ。語気を荒らげた強気な口調に、彼女の勝気な性格がにじみ出ていた。

“結婚したい”という本気度が強いがために…


この連載の一覧はコチラ

結婚詐欺のニュースは、後を絶たない。このコラムでも2度ほど記事にしたことがある。

では、どんな場所で詐欺師と出会うのか。大まかなところでいえばイベント業者が主催する婚活パーティ、街コン、身分証明書なしでも簡単に登録できる出会い系アプリ、婚活できる飲食店など。なぜこれらの場所に多いかというと、そこにいる人たちには、“結婚したい”という気持ちがあり、“結婚”という言葉を餌にすれば、簡単にだませるからだろう。

では、結婚相談所に詐欺師はいないのか? 相談所の場合は、仲人という見張り番がいるし、入会時に、独身証明書、住民票、収入証明書(男性のみ)、資格や免許が必要な職業の場合はその証明書などの提出が義務づけられている。しかし、詐欺師なら仲人をもだますだろうし、入会時の必要書類を取らない相談所もあると聞く。そしてなにより、相談所に登録している人たちは、“結婚したい”という本気度が強いのだから、よりだましやすいといえる。

実際、遺産と保険金を目当てに高齢男性と結婚をし、次々に青酸化合物で殺害をしていった筧千佐子被告(11月7日に京都地裁で死刑判決)も、男性たちと出会いに結婚相談所を利用していた。

結婚相談所に、結婚詐欺師がまったくいないとは限らない。私は京香の言葉に一瞬ドキッとした。

記憶をたどれば、確かに見合いしたときから、高村は怪しかったかもしれない。

ひと目見て、恋に落ちた

都内、某ホテルのティーラウンジに私が京香と伴っていくと、入り口付近の柱の前に、濃紺のスーツを着た精悍(せいかん)な顔立ちの男性、高村が立っていた。

「あ、写真よりもずっとすてき」

高村を見つけたときの京香の顔が、一瞬華やいだ。細身のスーツをスタイリッシュに着こなし、お見合い市場には珍しいちょいワルふうだった。37歳の女性の申し込みをこれほど見た目のいい同い歳の男性が受けたというのもお見合いでは珍しい。男性はできるだけ若い女性と会いたがるものだ。

京香と高村の引き合わせをして私はホテルを後にしたのだが、そこから1時間半後、お見合いを終えた京香から、弾むような声で電話がかかってきた。

「今日の高村さん、お話もとても面白かったんです。交際希望でお願いします。今までお見合いしてきた人の中では、いちばんすてきな人でした」

そこから交際がスタートした。初めてのデートを終えた後に、京香からまたも電話がかかってきた。

「高村さんとお食事をして、すごく楽しかった。話題も豊富だし、食の好みがすごく合う。旅行が好きというところも同じでした。ただ……」

こみ上げてくるうれしさを押しとどめるような声で言った。

「デートの帰りに駅まで送ってもらったんですけど、別れ際に抱きしめられて、キスされたんです」

「ええええ〜〜ッ、キ、キス〜?」

私は、思わず仰天の声を上げた。

合コンや友だちの紹介の出会いだったら、こうしたことはよくあることだろう。初めてのデートですっかり意気投合し、別れ際にハグして、キスをする。もしかしたらその先があったとしても、大人の男女のことなので周りがとやかくいうことではない。しかしここは、結婚相談所だ。

相談所には相談所のルールがある。その場のノリや軽い気持ちで相手を抱きしめたり、キスをしたりすることはあってはならない。ここは男女の遊び場ではないのだ。それをするときには、その相手と“結婚したい”という気持ちを固めて、具体的に結婚に向かう話をしてからだ。また、“男女の関係になることは、成婚とみなす”と、どの相談所も規約の中で謳(うた)っている。

私は京香の話に驚き、翌日すぐに高村の相談所に電話をした。事情を話すと、高村の仲人も私と同じように驚きの声をあげた。

私は言った。

「中西は、高村様に大変好意を持っています。抱きしめられたり、キスをされたりしたら、ますます気持ちが入ってしまいます。高村様が中西とこれから結婚へと真っ直ぐに向かってくださるなら、大人の男女がすることですから、私がとやかく言うことではありませんが……」

私の言葉を遮るように、今度は高村の仲人が言った。

「初回のデートでそんなことをするなんて、本当に申し訳ありません。彼は結婚相談所がどういう場所なのか理解していませんね。私が彼に電話をして、厳重に注意いたします」

と、その翌日、今度は高村の仲人から電話がかかってきた。

「昨夜、高村と話をしました。彼は、中西様にお見合いのときからひと目ぼれをし、初めてのデートにもかかわらず、好きだという感情が抑えきれなくなったようです。彼は、このまま中西様との結婚を真剣に考えたいと申しております。決して中途半端な気持ちではないそうです。このまま2人を温かく見守っていただけないでしょうか?」

お互いに“ひと目ぼれ”なら、外野がとやかくいうのはやぼだろう。ちょっと話がうますぎる感はあったが、しばらくは見守ることにした。

「これって結婚詐欺!?」

では、なぜ京香は高村を結婚詐欺だと思ったのか?

「実は、この間のデートのときに、彼が貯蓄型の生命保険の加入を勧めてきたんです」

高村は、大手生命保険会社で働いていた。

「毎月3万円弱支払う保険でした。契約が取れれば、彼の営業成績になりますよね。ただ今どき3万円の保険料って高いし、結婚して仕事をセーブしないといけなくなったら、払い続けられるかどうか。家計も圧迫します。しかも、その保険を勧めてきたのが、ホテルの部屋だったんですよ」

「ホ、ホテル〜? あなたたち、もうそういう関係になっていたの?」

私は、少し呆れた声をあげた。いくら相手の相談所に、「真剣です」と言われても、高村からはまだプロポーズをされていないのだ。

「入会する前に、規約の話はしたわよね。“男女の関係”イコール“成婚”よ。プロポーズをされていないのにホテルに行くなんて」

「すいません。だから、そういう関係になったことを鎌田さんには言えなかったんですけど」

京香は、申し訳なさそうな声を出した。

結婚詐欺師の場合、甘い言葉で近づき、体の関係ができて気持ちをつかんでから、だましの計画に取り掛かる。何百万という借金の申し入れやマンションなどの高額商品購入を持ちかけるのは最も悪質であるが、保険への加入、ネットワーク系の自己啓発セミナーや会員制旅行クラブへの勧誘なども、よく聞く話だ。

以前、私の相談所に入会面談に来た女性(結局入会しなかったが)も、婚活パーティで出会った保険会社に勤める男性に、体の関係になった後、ホテルで生命保険の加入を勧められた。彼女は彼の機嫌を損ないたくないために、2万円弱の保険を契約してしまった。契約が取れた途端彼は、「仕事が忙しい」を言い訳に会おうとしなくなった。その後、LINEが既読にならなくなり(おそらくブロックされた)、電話をかけても出ることはなく留守電につながるようになったという。

私が、「それは、おかしい。会社の“お客様窓口”に伝えたほうがいいんじゃないですか?」と助言すると、「自分の恥をさらすようなことはしたくないんです。貯蓄型だから毎月2万円を貯金していると思えばいいかなって。だまされた私も悪いですから」と、寂しそうに言った。

高村の行動は、このケースに似ているではないか。初日のデートからキスをし、瞬く間に男女の関係になり、保険の契約を迫る。

ただ違うのは、京香はその契約話を断っていたことだ。

「断ったら、メールのレスが急にそっけなくなったんです。いつもラブラブモード全開って感じだったのに、『明日は予定どおり会いますか?』ってよそよそしい言葉遣いのメールが来て」

それでも翌日、予定変更はせず会うことにした。すると、待ち合わせの場所に現れた高村は、今までどおりの愛想よい彼だったのだが、なんと財布を持っていなかったという。

「今日は、大変だったよ。財布を家に忘れてきちゃってさ。だから昼飯も食べてないんだ」

「えっ!? じゃあ、ここまでどうやって来たの?」

「Suicaがあるから、電車には乗れた。それで会社にも行けたから、財布がカバンに入っていなかったのに気づかなかった。ああ、腹減った〜」

高村が、「ガッツリ食事がしたい」と言うので、2人でステーキハウスに行ったという。

「結局その日の夕食代とホテル代は私が出しました」

「ええええ〜、ホテルも行ったのぉ? ホテル代も出してあげたわけ?」

「だって、行きたいというから。で、帰ってきて、よくよく考えたら、保険に入ることを私が断った。だから、腹いせにわざと財布を忘れてきて、食事代、ホテル代を私に出させて、それで関係を終わりにしようとしているのではないかと思ったんですよね」

払う京香もどうかと思うが、自分が無一文なのにステーキをお腹いっぱい食べ、その後ホテルにまで行きたがる男というのは、いかがなものか!

もし京香の言うとおり、これで「交際終了」が来たら、デート代の半額は私がしっかり請求して取り返そう。冗談じゃない。

「払ったおカネのレシートは取ってある?」

「はい、お財布の中に入っていると思います」

「なくさないでね。それで、京香さんはどのくらいの確率で、彼を結婚詐欺師だと思うの?」

「99パーセント。もしこれを悪気なくやっていたとしたら、残り1パーセントは天然のバカですね」

「まずは、彼がどう出てくるか、2〜3日、様子を見ましょう」

「どうしたの? なんでメールをくれないの?」

その夜から京香は、高村から来るメールにいっさい返信をしなくなった。翌日も朝、昼、夕方に来たメールを既読スルー。彼女の変化に高村は、慌てた。

「京ちゃん、どうしたの? なんでメールを返信してこないの?」

「僕が京ちゃんの何か気にさわることをした?」

「もしかして僕のことを嫌いになった?」

「このまま終わるのは嫌だから、とにかく会って一度話そうよ」

京香は、高村をすでに好きになっていたので、必死で追いかけてくるメールを読むと、もういてもたってもいられなくなった。

「私、彼に会って今の気持ちを包み隠さずに話してきます。そうじゃないと私も気持ちのケジメがつかないから」

そして、高村に会いに行ったのだが、その夜、京香は私にこんなメールをしてきた。

「彼は、1パーセントの天然バカでした。保険を勧めたことも、お財布を忘れてデート代を私に借りたことも、まったく悪気がなかった。本当に天然バカとしか言いようがないです。でも、私はその天然バカを好きになってしまいました。こんな人だから、会社ではこれから出世しないかもしれない。結婚したら苦労するかもしれない。でも、それでも、私の人生を彼にかけてみようと思います!」

それからまもなくして、高村にプロポーズをされた京香は、それを受け、成婚退会をしていった。

※実は、これは2年前の話だ。成婚したのが一昨年8月の半ば、11月に入籍をしたら、暮れには妊娠がわかり、翌年の8月には男の子を出産した。時折親子3人の仲睦まじい写真がメールで送られてくるのを見ると、本当にほほえましくなる。時には互いのご両親が写真に一緒に写っていることもあり、孫を見つめるジィジ、バァバの瞳は優しくて温かい。

“結婚詐欺かと思ったら実は違っていた”

今回のような話は、希有だろう。相手を好きになっていると、「嫌われたくない」「この人と結婚したい」という気持ちが強くなる。詐欺師は、そこを突いてくる。詐欺師の手口の一連の流れは、こんな感じだ。

甘いことを言ってまずは気持ちをつかむ→体の関係になってさらに情を入れる→相手が夢中になったら、いったんどん底に落とす(資金繰りがうまくいかないから〇月の結婚は延期したいなど、相手が楽しみにしていた日程をわざと延期する)→そこで危機感、飢餓感を募らせる→甘い言葉をかけてすくい上げる(「でも、いくらいくらおカネがあれば結婚はできる。頼りになるのはアナタだけ」など)→おカネを引っ張るための提案をする。

結婚詐欺に遭わないためには、カップル間でおカネの貸し借りの話が出たとき、契約や商品の購入を勧められたときには、必ず第三者に相談することだ。

筧千佐子被告とかつて見合いした80歳の男性は、「息子に相談をしたら、『それは話がおかしい』と息子が結婚相談所に通報し、相談所から筧に連絡があったことで付き合いが破断になり事件に巻き込まれずに済んだ」と、以前ワイドショーの取材で答えていた。

「自分は絶対に大丈夫!」と思っていても、人を好きになっているときの心理状態は、やはり冷静な判断がつかないものだ。婚活中の人は、一人ひとりが気をつけてほしい。