「フットストライク」で日本新を狙う(写真:共同通信社)

写真拡大

「彼が日本新記録を出すのは時間の問題」──大学時代、箱根駅伝で早大のエースとして活躍し、現在、住友電工陸上競技部監督の渡辺康幸氏は、大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)の走りをそう評した。

 大迫は12月3日の福岡国際マラソンで2時間7分19秒の日本歴代5位のタイムで日本人最高の3位に入賞。

 渡辺氏は“箱根のスター”として脚光を浴びたが、卒業後は実業団でケガに苦しみ、マラソンでは思うような結果を残せなかった。その後指導者となり、早稲田大学の監督として出会ったのが大迫だった。大迫は1年時から箱根で2年連続区間賞を獲得。その才能を見込み、卒業後、米国に拠点を置くよう後押しした渡辺氏は力説する。

「大迫君は発展途上で、本人も上に行けると確信している。すべてが噛み合った状態で東京五輪を迎えられると思います」

 福岡国際のテレビ中継では大迫の走りについて繰り返し「フォアフット走法」という解説が加えられた。これはつま先から着地する走法で、アフリカ人選手に主流の走り方だ。渡辺氏は大迫の「フォアフット走法」をこう分析する。

「厳密にいえば、『フットストライク』という走法です。つま先から接地しているが、足裏中心まで綺麗に地面についている。力をロスせず、非常に効率がよく走ることができる。これができないと世界レベルのレースでは戦えません。この走り方は脛やふくらはぎ、アキレス腱に大きな負担がかかるため、彼の所属するナイキ・オレゴンプロジェクトでは、故障を防ぐ筋トレを重要視しています。

 福岡での彼の走りは、地面を蹴る力を推進力に変え、ストライドを伸ばし、足の回転数はそのままでスピードに乗るトラック競技の走法でした。そんな走りをしたら42kmもたないといわれてきたが、それができるのが大迫君です」

 この走法を支える厚底タイプのシューズ、ナイキ「ズームヴェイパーフライ4%」は、市民ランナーの間でも人気が高まっている。

「かかとのクッション部分が厚く、傾斜になっていて、走れば勝手に進むシューズ。一般販売もされていますが、日本人のかかとから着地する走り方ではブレーキがかかってしまう。衝撃が強いので、臀部や太ももの後ろ側を鍛えていないと強い跳ね返りを受け止めきれないのです」(渡辺氏)

 日本マラソン界の新星の走りは、市民ランナーにとっては異次元のものなのだ。

※週刊ポスト2017年12月22日号