今日ピーク!年間最大のふたご座流星群

2017/12/14 12:40 ウェザーニュース

3大流星群のなかでも、観測できる流星の数からすると年間最大と言われる“ふたご座流星群”。なんと今日、ピークを迎えるんです。>>観測に強い味方!星の見え具合が10分単位でわかる

今年の条件は?

ふたご座流星群は、毎年ほぼ一定して多くの流星が観測できる流星群で、条件の良いエリアで観測すると1時間に40個程度(約1分半で1個以上)の流星が期待できます。そして、2017年は新月直前!夜間は月明かりの影響がほぼなく、比較的良い条件で観察することができます。特に、放射点が空高く上がってくる21時以降の観測がおすすめです。

気になる天気は?

冬将軍ピークは過ぎるものの、14日夜〜15日明け方は冬型の気圧配置が続きます。比較的雲の少ない東日本の太平洋側や北海道道東の太平洋側では、流星観測に期待ができそう。四国や近畿は段々と雲が広がってくるため、早めの観測をおすすめします。一方、日本海側や九州では雲が広がりやすく、観測には難しい条件となりそうです。夜は厳しい寒さとなるので、流星観測をする際は、寒さ対策を万全にしてお楽しみください。>>あなたのエリアの天気をチェック!