世界のインターネット広告市場で、その広告収入が最も多い企業は、検索最大手の米グーグル。そしてこれに次ぐのが、ソーシャルメディア最大手の米フェイスブックだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

グーグルは44%、フェイスブックは18%

 このことは、よく知られていることだが、英国の市場調査会社WARCが、このほどまとめた最新レポートによると、両社の今年(2017年)における広告収入シェアは、昨年に続き拡大する見通しだ。

 WARCが推計する、グーグルの世界インターネット広告市場における、今年の広告収入シェアは44%になる見通し。一方、フェイスブックは18%を占めるとしている。つまり、両社を合わせたシェアは61%となり、昨年の58%から拡大すると、WARCは見ている。

世界広告市場全体の4分の1が2社に

 さらに興味深いのは、両社のネット広告収入の、広告市場全体に占める比率だ。広告市場全体とは、ネット広告に加え、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、屋外広告などを含む、世界の全広告売上高のこと。

 WARCは、グーグルとフェイスブックのネット広告収入合計額は、今年1年間で1330億ドル(約15兆1000億円)になると見ているが、これは、世界全広告売上高の25%になる。この比率は2012年時点で9%だったが、昨年は20%に拡大。そして今年はさらに拡大すると、WARCは見ているわけだ(独スタティスタのインフォグラフィックス)。

世界最大市場の米国でも複占続く

 ネット広告市場では依然、両社による複占状態が続いている状況だが、別の調査会社である米eマーケターも同様の指摘をしている。

 こちらは、世界最大のネット広告市場である米国市場を調べたもの。それによると、今年のグーグルの広告収入は350億ドル、フェイスブックが173億7000万ドルとなり、その米国における合計シェアは63.1%に拡大するとeマーケターは見ている。

(参考・関連記事)「ネット広告市場で依然続くグーグルとFBの複占」

 さらに、eマーケターがこのほど公表した最新レポートによると、この比率は63%とのことで、相変わらず市場のほぼ3分の2を、この2社が占めていることになる。

 また、興味深いのは、米国のネット広告市場では、グーグルとフェイスブックの2大企業に続く大手が、わずか8社しかないこと。しかも、それら各企業のシェアは、12%未満にとどまり、2社には遠く及ばないという状況だ。

 例えば、米マイクロソフトの今年のシェアは11.8%。米アマゾン・ドットコムは5.4%、米ツイッターは4.0%、米スナップは2.1%にとどまると、eマーケターは見ている。

筆者:小久保 重信