《Happy Birthda Yuzu》
 
カナダのトロント郊外のバス停に、突如としてそんな文字が綴られたポスターが貼り出された。祝福の言葉とともに写っているのは、衣装をまとった羽生結弦(23)だ。
 
11月9日、NHK杯の練習中に“右足関節外側靱帯”を負傷。現在は練習拠点でもあるトロントでリハビリに専念している羽生。12月7日に23歳の誕生日を迎えた彼を待ち受けていたのが、トロントの人々によるこの“粋なサプライズ”ポスターだった。
 
「カナダの人たちも応援してくれていますからね。もちろん、けがのこともわかっていて、激励の意味もあったんだと思います」(現地関係者)
 
ポスターを見た羽生は「すごい……」と声を挙げたそう。また、リンクでも羽生は仲間たちに祝福されていた。
 
「コーチやスタッフのみんなが集まって、サプライズで羽生をお祝いしていました。用意されたケーキのプレートには、シンプルに『ハッピーバースデー』とだけ書かれていました。『五輪』や『金メダル』などの文字を入れて、リハビリ中の彼のプレッシャーにならないよう気遣ったそうです」(スケート関係者)
 
というのも、この日は羽生の誕生日であると同時にGPファイナルの開幕日。毎年、羽生はライバルたちに囲まれながら誕生日を迎えてきた。だが、今年はリハビリの中で迎えることに――。
 
7年ぶりにテレビで観戦することになったGPファイナルの悔しさ。そして、サプライズづくしの誕生日で感じた周囲の期待の大きさ。羽生はけがを乗り越え“完全復活”に挑む――。