志尊淳『トドメの接吻』で可愛い後輩ホスト役に!

写真拡大

俳優の山賢人が主演を務めるドラマ『トドメの接吻(キス)』(日本テレビ系、毎週日曜22:00〜※1月7日からスタート)。先週公式サイトにて公開された“キスの音=キスボ”の主が、志尊淳であることが明らかになった。

本作は、謎の女に“死の接吻”で殺される度にタイムリープをするNo.1ホストが、殺される理由や女の正体を追っていく“邪道ラブストーリー”。ホストとして女性を手玉にとるクズ男・堂島旺太郎(山)は、12年前のある事件をきっかけに、人を愛さなくなり、成り上がることだけを追っている孤高の男。とある社長令嬢をターゲットにした旺太郎の前に、ある女(門脇麦)が現れて“死の接吻”をする。すると旺太郎は、呼吸困難、身体痙攣、異常な動悸を覚えて死んでしまうが、次の瞬間、見覚えのある7日前の景色の中で意識を取り戻す。繰り返される出来事、場面、会話から「もしや、俺は同じ時間を繰り返している?」と気付くのだった……。

志尊は、山が演じる堂島旺太郎の後輩ホストの小山内和馬役。旺太郎とは以前同じ店で働いていたこともあり、旺太郎を慕っている。タイムリープを繰り返す旺太郎のよき理解者であり協力者で、旺太郎と共に“キス女”の謎に迫る役どころ。

今回の出演について、「素晴らしいキャストの皆さんとご一緒出来ること、とても光栄に思っています。台本を読ませていただき、“これはエッジの効いた作品になるな”と強く感じました。ホスト役は初めての挑戦なので、試行錯誤しながらいい作品を作れるように精進します」とコメント。

さらに第1話のゲストとして、釈由美子、井上晴美、ふせえりの出演も決定。そして、次週は謎のストリートミュージシャン、春海一徳の配役が発表される。