中国の自動車メーカー・比亜迪は9日、モロッコのカサブランカ市との間で了解覚書に調印した。

写真拡大

中国の自動車メーカー・比亜迪(BYD)は9日、モロッコのカサブランカ市との間で了解覚書に調印した。北部のタンジール近くに新工場を建設し、電気自動車を製造するという。これで比亜迪はルノーとプジョーに続き、北アフリカに工場を建設する3番目の自動車メーカーになる。フランス通信社(AFP)が伝えた。

調印式にはモロッコ国王のムハンマド6世と比亜迪の王伝福(ワン・チュアンフー)会長が出席した。米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏も比亜迪に投資した。新工場は比亜迪とモロッコとの協力プロジェクトの一部で、タンジール技術城に建設される。面積は約50ヘクタール、従業員は2500人に達し、主に電気自動車、バス、トラックを製造する予定だ。また、比亜迪は電車の組み立て工場の建設計画も立てているが、規格や建設時期などについては明らかにしていない。

王会長は、「モロッコ工場が比亜迪の欧州市場およびアフリカ市場への進出ルートになることを願う」と述べた。業界の情報によると、モロッコ側は2021年までに4番目の主要自動車メーカーの工場を誘致する計画で、25年をめどに自動車生産量を100万台に引き上げることを目指しているという。(提供/人民網日本語版・編集/KS)